独自の道を突き進んで青春する

敷かれたレールの上をただ歩いて行くのは、
あんまり深く考えなくていいし、
答えも分かりやすいからいいよね。

多数派に属して、常識に従って、
安定を求めるのも、
平穏な人生を送るにはいいと思う。

 

でも自分の人生を振り返ると、
やっぱり自由が大好きだし、
刺激や特別感がないと楽しめない性格。

 

36歳にもなると、
先の人生をある程度決めていたり、
色んなことを諦めてる人が多い。

そんな中「青春しようぜ!」と、
声高々に言い続けてる自分は、
明らかに少数派なんだけど、
熱い情熱を持てていることが嬉しい。

 

最近は、ツイッターのフォロワーさんが
コミュニティを立ち上げたので、
そこで活動や企画について語り合ってる。

その手探り感や希望に向かって行く感じが、
凄く青春ぽくて良い。

 

 

ネットの力を存分に活用する

例え少数派だったとしても、
ネットやSNSを利用すれば、
同じ価値観の人と繋がることができる。

ネットでの繋がりは、
リアルの繋がりよりも薄いけど、
広く探せることが強み。

 

リアルで実際に関われる人数なんて、
たかが知れてるけど、
ネットなら多くの人達と関われる。

そこには、未知なる可能性が広がっている。

 

俺が尊敬している
ホリエモンやキンコン西野さんは、
俺より歳上だけど、思いっきり青春して、
人生を楽しんで輝いている。

彼らほどの成果を出すことは難しいけど、
同じくらい充実した日々を過ごしたり、
青春することはできる。

 

尊敬してる人達がそうしているように、
俺もネットの力を存分に活用して、
自分なりの青春を描いていく。

 

 

時間の流れと共に人生を楽しむ

その為には、捨てなきゃいけないものや、
諦めないといけないこともある。

時間には限りがあるから、
全てを手に入れることは難しい。

大きな夢を追いかける場合、
むしろ全てを失う可能性すらある。

 

でもね、50歳や60歳になった時に、
「あの時こうしてれば良かった」
なんて思いたくない。

若さは少しずつ確実に失われていくから、
やりたいことは今やるしかない。

 

気がつけば20代になって、
気がつけば30代になっていたように、
時間の流れは止まらない。

過去には戻れないから、
いつだって今が一番若い。

 

年相応かどうかなんて、
考えなくていい。

周りが何と言おうと、
自分の気持ちに正直に生きて、
悔いのない人生を目指していこう。

 

 

色んな人達が生きる世界の中で

どんな人生を生きて、
どんな未来を目指すかは、
人それぞれ違う。

全く違う価値観を持つ人も沢山いる。

 

でもだからといって、
自分と違う人達を否定はしないし、
どこかでお互いを必要としたり、
与え合うこともある。

 

この先、何年生きて、
何人と関わるかは分からないけど、
お互いを尊重し合い、
協力し合いながら生きていけば、
きっと良い未来に向かって行ける。

 

ただ眺めてるだけでもいいし、
挑戦を楽しむのもいい。

色んな人達が生きるこの世界で、
自分や他人の気持ちを大事にして、
一度きりの人生を楽しんでいこうね。