誰が為の後悔

今の自分は、ないものだらけだけど、
多分幸せなんだろうな。

でも、ふとした時に頭の中で
今までの人生を振り返ってみると、
選ばなかった方の道の方が
やっぱり良かったんじゃないかって
思ってしまう時もある。

 

でも多分、そっちの道を選んでいても、
それはそれで後悔したと思うし、
実際に「あの時」に戻れたとしても、
俺は今の道を選ぶ。

 

どんなに自分に正直に生きてきても、
少しは後悔する気持ちがある。

それは、自分の選択は自分だけでなく、
周りの人の人生にも影響を与えるから。

 

自分はいいんだけど、
あの人にとってはこれで良かったのかな?

自分よりあの人を優先させた方が、
お互いの為だったのかも。

なんてことを考えちゃうんだよね。

 

【目次】※読了まで残り約3分

・誰が為の後悔
・「今の気持ちに素直」が一番大事
・後悔は価値に変わる

 

 

「今の気持ちに素直」が一番大事

人は未熟であればあるほど、
自分にとっての正解を見失いがち。

後悔しない選択を選ぶことが、
とても難しい時期もある。

 

そもそも後悔するかどうか、
正解だったかどうかなんて、
あとになってみないと分からないし、
あとになっても分からないこともある。

誰もが悔いのない人生を
送りたいと願う一方で、
心からそう思える人生を送った人は、
ごくわずか、もしくはゼロかもしれない。

 

どちらを選んでも正解の場合もあるし、
どちらを選んでも不正解の場合もある。

しかも、選んだ時点で決まるわけではなく、
運やタイミングによっても結果は変わる。

そんなの、完全に予測できるわけない。

 

だからね、一番大事なのは今の気持ち

自分の気持ちに正直になって、
選びたい方の道を選ぶ。

シンプルだけど、
人間はどうしても色々考えすぎちゃうから、
これが意外と難しいんだよ(*^-^*)

素直が一番!ってことだね!

 

 

後悔は価値に変わる

今の俺みたいに、過去の選択を振り返って
色々考えたりしてる人は、
余裕があるか現状に満足してない人が多い。

余裕がなければ余計なこと考える暇ないし、
現状に満足していれば、
過去を悔むこともないからね。

 

悔いのない選択をする為には、
選ぶ時の気持ちも大事だけど、
選んだ後の時間をどう過ごすかの方が
もっと大事。

選んだ時点で全て決まるわけじゃない。

選んだ先の未来は、
自分の手で作り変えることができる。

 

今、満足していないことがあるなら、
満足する為に何をするべきか考えて
行動に移せば、未来は変わる。

過去に何か悔んでいることがあるなら、
それを受け入れた上で学びに変え、
望まないできごとを回避できる。

 

そんな風に、後悔は道標になる。

後悔した経験を元に、
自分がどんな道を進みたいか、
何をしたら痛い目に合うのか分かる。

 

しかも、人に教えてあげられるようになる。

自分が後悔した体験談を伝えることで、
知った人はリスクなく知識を得られる。

後悔は、人に提供できる価値に変わる。

 

後悔した経験は、
自分の為にも誰の為にもなる。

後悔を価値に変えて、幸せになろうね!