青春と挑戦こそ我が人生

やっぱり普通は、安全で安定した道を選ぶ人が多い

でも俺は昔から、多数派に属することや「ありきたりな内容」が嫌いだった。

 

変わってると言われた方が嬉しいし、強い個性は大きな武器だと思ってる。

普通はつまらない。

だから自分がしたいことや、求めることを最優先させたかった。

 

安全と安定が悪いって言ってるんじゃなくて、自分は我が道を突き進みたいと思ってるだけ。

生き様だって自分次第だから、いつでも「こう生きたい」っていう理想像を持ち続けなきゃね。

 

石橋を叩いて渡る渡らないっていう次元じゃない。

たとえ一本の縄しかない橋でも、サーカス団のように何とか渡り、落ちたとしても泳いで対岸に辿り着く。

そんな面白い挑戦を続ける人生でありたい。

 

 

挑戦しながら仲良くなる青春がしたい

だからある意味、ずっとピンチでいたいと思う。

それはダメな状態を維持するって意味じゃなくて、常に背伸びした挑戦を続けるという意味。

 

でもそんな人生を送っていたら、痛い目を見ることも他人に迷惑をかけることも多くなりがち

でも痛い目を見ないように気をつけたり、他人に迷惑をかけてるかどうかばかり考えてる人生なんて、めちゃくちゃつまらない。

 

というかそもそも、生きていれば痛い目を見るし、他人に迷惑もかける。誰だってそう。

だったら経験を学びや武器に換えて、恩返しや貢献をしていけばいい

 

「自分さえ良ければいい」じゃなくて、一生懸命に生きながら、許し合ったり支え合ったりして生きていきたい

その方がみんなと仲良くなれるし、青春できる

 

 

自分の本当の気持ちを見失うな

好きなことを好きって言うのも、凄く当たり前のことだけど、難しくなってる時代かも。

ネットやSNSが台頭してからは特に、周りの目や評価を気にしすぎてる人が多い気がする。

ツイッターでも、いいねやフォロワーの数を高めるために一生懸命頑張ってる人も多い。

 

でも自分の本当の気持ちを見失ったり、信念を曲げて取り繕っちゃいけない

自分の気持ちをないがしろにしたら、自分の人生じゃなくなっちゃうから

 

もちろん本音だけで生きてはいけないし、ありのままの自分でい続けることも難しい。

それでも「自分は自分」「これが本当の自分」と思える魂は、いつでも心のど真ん中に持ち続けてね。

 

何が好きで何が大切かなんて、他人が決めることじゃない

自分の人生は自分のものなんだから、大切なことは全部自分の意志で決めよう

 

 

充実した人生を送るために大切にするべきこと

自分の人生は自分でデザインして生きていく

そして俺は、挑戦を続けながら青春をしていく道を選ぶ。

 

言葉だけ聞くとカッコいいかもしれないけど、その道はとても険しくて厳しい

カッコ悪い時も沢山あるし、人に誇れる道じゃないのかもしれない。

 

それでもやっぱり、限りのある一度きりの人生をできるだけ充実させたい

欲しいものは欲しいし、いらないものはいらない。

選びたいものを選んで、人生を全力で楽しんでいく

 

厳しい現実を目の前にして、「一般的な正しい道」に戻った方が良さそうな時でも、更に挑戦して未知なる道を切り開いていく

夢や理想を失ったり、見えなくなる時もあるけど、それでも自分は自分

何があっても死なない限り人生は続いていく

 

充実した人生を送るために大切にするべきことは、良いか悪いかじゃないし、正しいか間違ってるかでもない。

好きか嫌いか、したいかしたくないか。ただそれだけ。

Follow me!