リアルとネットのギャップ

今の時代では当たり前のことだけど、
リアルとネットの自分にはギャップがある。

 

俺の場合は、ネットだとマジメな感じ。

あんまりふざけてなくて、
堅苦しいイメージもあるかもしれない。

 

でもリアルでは、自分で言うのも何だけど、
結構面白いんだよ(*^-^*)

でも、ブログやツイートだと、
あんまり面白くないよね?w

ネットでは深く凝縮された文章を
書いてるつもりだけど、
リアルではおっとりしてるし、
よく変わり者と言われる。

男女年齢問わず、かわいいとも言われる
人気者だよ\(^o^)/←自分で言うな

 

リアルとネットのギャップがあるのは、
良いことなのか悪いことなのか、
正直、俺にはよく分からない。

というのも、自分の場合、
リアルとネットの人間関係が
完全に分断されている。

リアルな繋がりがある人とは
ネットで繋がってないし、
ネットで繋がりのある人とは、
リアルで繋がってない。

なので、両方の俺を知ってる人は
「これがあの人?」ってなる可能性があるw

 

自分が動いたり喋ったりしてる姿を
動画で公開していれば、
まだギャップが埋まりやすいけど、
文章だけだと本当の姿は分かりにくいかも。

嘘はついてないんだけどね。

リアルで関わっていたって、
ギャップってものは存在するし。

 

ギャップについての深い考察は、
意外とあまり知られていない。

「そういう時代だから」こそ、
リアルとネットのギャップについて、
色々考察してみるね。

 

【目次】※読了まで残り約5分

・リアルとネットのギャップ
・多面性とTPO別の「ふさわしい自分」
・客観的なギャップのイメージ
・発信により生まれるギャップ
・ギャップは個性

 

 

多面性とTPO別の「ふさわしい自分」

そもそも人には多面性がある。

仕事してる時の自分、恋人といる時の自分、
友達といる時や親子関係など、
様々なTPOによって自分を使い分けてる。

それは社会性でもあり社交性でもあるし、
コミュニケーション能力でもある。

 

TPOによって自分を切り替えるのは、
協調性や調和性とも言われる
社会で生きていく為のスキル。

なのでリアルとネットの
ギャップが生まれるのも、
ある意味自然なことかもしれない。

 

どれが本当の自分かと言われれば、
どれも本当の自分。

TPOによって、最もふさわしい自分に
切り替えて使い分けているだけ。

それは、自分や他人の為にもなるし、
社会的に見ても正しいこと。

 

良くも悪くも、
常にありのままの自分ではいられない。

求められる自分、ふさわしい自分を、
無意識に切り替えながら人は生きている。

 

 

客観的なギャップのイメージ

良いギャップはほっといてもいい。

悪いギャップはなくした方がいい。

そう思うのは当然だけど、
何がどうギャップになっているのかは、
本人には分かりづらい。

 

本来の自分の良さや魅力を、
ネットの中ではかき消しちゃってたら、
もったいないよね。

本来の自分は大したことないのに、
ネットでは輝いてる方がよっぽどマシw

リアルの自分に自信がなかったり、
自分を偽って見せたいのなら、
ネットの方が自分を良く見せられる。

 

もちろん、何が良くて何が悪いかは、
人それぞれの評価基準や
価値観によって変わる。

そこが難しいところ。

なのでまずは、周りの反応を見ながら、
自分目線でも自分を客観視してみる。

 

1人1人から頂く言葉達を集めて、
傾向を見ていけば、
他人から見た自分のイメージが、
少しずつ見えてくる。

そのイメージが、
本来の自分とかけ離れているほど、
ギャップが大きいことになる。

 

 

発信により生まれるギャップ

俺はさ、正直に言わせてもらうけど、
自分が大好きだし自信もある。

だからリアルとネットの自分に
大きなギャップがあるなら、
そのギャップは埋めたいと思う。

 

でもネットの自分も偽りじゃない。

文章だけだから、一部分が強調されていて、
大部分が隠れてるだけ。

結構さらけ出してるんだけどね(*^^*)

 

なので単純に、発信不足なのかなって。

たまにはくだけた感じとか、
面白話をしてもいいなって思う。

 

でもここで注意するべきことは、
芸能人や人気者でない限り、
人は自分にそれほど興味がないこと。

なので何を発信するにしても、
ある程度の質の高さや有益度が求められる。

それを意識しているからこそ、
自分の得意な分野や好きな内容が、
ネットでは強調されやすいのかもね。

 

 

ギャップは個性

そもそも、ギャップは魅力的で、
ある意味武器になることも多い。

ギャップがあるのも個性的。

イメージ通りで予想通りの部分ばかりだと、
新鮮味がなくてつまんない。

 

ギャップがあったらあったらで、
それはそれでいっか!

深く考えるのめんどくさくなった!w

 

本来の自分を伝えたかったら、
動画で自分を撮影してコンテンツ化して、
みんなに見てもらえば早いよね。

これからは動画の時代だから、
動画制作も始めなきゃ。

青春系の歌でも唄っちゃおっか?

 

というわけで、今回の答えは、
「深く考えずにそのままで良し!」

ギャップも個性!新鮮な人間味!

本質的な部分はちゃんとにじみ出るから、
素直にありのままでいればいいよ(*^-^*)