他人の車はリスクとデメリット

みんなは車の運転をするかな?

俺はするんだけど、車の運転は大嫌い。

正確には、車の運転は嫌いじゃないけど、
他人が運転する車の存在が嫌い。

 

自分の車だけ存在するなんて
絶対にありえないし、
そうなったら公道は整備されないし、
車社会が消滅したら雇用や経済にも
大きな影響が出てしまう。

でも考えてみれば、運転中に限り、
自分にとって他人の車は
リスクとデメリットでしかない。

自分以外の車がいると
事故る可能性も出てくるし、

自己中な運転に怒れたり、
目的地に到着するのが遅れたりする。

凄く当たり前のことだけど、
他人の車なんていない方がいい。

メリットや良いことなんて
何ひとつないんだから。

 

 

他人の時間を奪う自己中

この間、こんなことがあった。

駐車場の出入り口が1つしかなくて、
車通りが多い道沿いなので右折禁止。

それなのに右折をしようとしてる車がいて、
その車が右折できなくて後続が渋滞。

たった1台の右折車のせいで、
後続の人達全員の時間が奪われた。

 

たった1人の自己中な行動が、
その他大勢に悪影響を与える。

車の運転は、こんなことが日常茶飯事。

イライラしながら運転してる人も多い。

実際に俺も、その時は凄くイライラして、
何とか改善策を考えてはみたものの、
怒りが先行して頭が冴えなかった。

 

 

予防対策で自分を守れ

こんな風に一方的に被害を受けることは、
誰にでもある。

いじめなど、理不尽に嫌な思いをさせられ、
傷ついたり怒れたりする。

車の運転に限らず、自分は悪くなくても、
悪いできごとは避けられないことがある。

 

そんな時、自分にできることは、
対策を考えて実行して予防すること

一度起きてしまったことは仕方ないから、
二度と同じ被害を受けないように、
自己防衛すること。

その繰り返しで、少しずつだけど、
嫌な事が減っていく。

 

先ほどの車の例でいうと、
進まない間はSNSをチェックするとか、
「車の運転はこういうこともある」と
割り切って受け入れるか、
「よっぽど急ぎなんだな」と
相手の気持ちを解釈してあげたり、
車の運転をしないようにするのもアリ。

ちなみに俺は「ブログのネタになる!」と
解釈したらかなり気が楽になったよw

 

100%納得する対策じゃなくても、
自分の中で折り合いがつけばいい。

そして、自分の気分が悪くなる相手とは、
なるべく離れるのが正解。

自分の身と心は、自分で守る。

 

 

自分を変えて世界も変える

しかし、世の中どうにかならないかな。

自分勝手に生きて他人に迷惑をかける人は、
いつどこにでも存在してるし、
家庭や職場の人間関係など、
場合によっては逃げられないこともある。

すぐには変えられないこともある。

 

世の中の9割以上のトラブルや悩みは、
お金か人間関係によるもの。

自分のせいじゃなかったり、
自分だけでは解決できなかったりすると、
苦しくて辛い毎日を過ごすことになる。

そういう人達が多いから、
日本は鬱や自殺が多いんだろうね。

 

そんな現状を変えていく為には、
1人1人の意識や行動を変えるしかない。

でもそれは不可能と言ってもいいくらい、
とても難しいこと。

他人を変えようと思っても、
自分がすり減ってしまう。

なので、自分が変わるしかない。

 

世の中のできごとや
他人はコントロールできないけど、
自分を変えることならできる。

それも簡単なことじゃないけど、
自分が変われば自分の世界は変わる。

他人だって変わるかもしれない。

 

同じできごと、同じ人間でも、
自分の解釈や対応次第で、
悪いことも少しはマシにできる。

世の中には嫌なことも多いけど、
コツコツ改善しながら、
少しずつ平和に過ごしていこうね!