凄く当たり前だけど、
何だかんだで難しいこと。

それは、ブラック企業に勤めないこと。

 

ブラック企業の定義は主に↓

1.低賃金(時給換算時)

2.年間休日100日以下

3.心身の負担が大き過ぎる

上記3つかな。特に3が最悪。

 

お金の奴隷

 

何をどう感じるか、
適正やライフスタイルも人それぞれだから、
一概に何がブラックかは断定できないけど。

嫌ならさっさと辞めればいいし、
すぐには辞めれないなら、
辞める準備を進めよう。

ブラック企業なんかに勤め続けたって
何も良いことはない。

無駄に人生を浪費するだけだよ。

 

 

今は労働者不足の業界が多く、
労働者の立場が強くなってきてる。

ブラック企業が多いせいで、
みんなどんどん辞めてるのもあるけど。

 

仕事なんていくらでもあるから、
気楽に考えればいい。

辞めれないって自分で決めつけちゃうと、
心に余裕がなくなって、
自分で自分を追い詰めちゃうから。

仕事も生き方も、
自分で自由に決めていこう。

 

鬱

 

ブラック企業に勤めるブラック社員は、
ハッキリ言って会社の奴隷。

奴隷として生きたい人はいないよね。

だから「辞める」の一択。

 

ブラック企業を改善するのは、
かなり難しいけど、辞めるのは簡単だよ。

最悪、行かなきゃいい(笑)。

会社なんかより、
自分の方がよっぽど大事だよ。
比べ物にならないくらいね。

 

幸せ

 

青春するにしても、何をするにしても、
時間とお金は大切な資源。

時間を奪い、お金をくれないブラック企業で
頑張って働く必要なんてない。

凄く正論でしょ?

なのに何でブラック企業を
辞めない人が多いんだー?!

 

きっと、自信がないからだろうな。

「もうこんな歳だから」

「家族を養わなきゃいけないから」

「ローンの支払いがあるから」

「どうせどこも一緒」

なんて言い訳並べて諦めて、
思考停止になった挙句、
流されて合わせる人格に調教されるんだ。

なんてかわいそうな人達。
ドM過ぎワロタw

 

でも、そんな人達の周りはこう言う。

「頑張ってて偉いね」

「立派だね」「凄いと思う」

それは、多くの大人達が、
我慢料として給料をもらうことを
常識だと思ってるから。

 

自分を押し殺して我慢して、
家族を養ったりする「自己犠牲の精神」を
美徳とする感覚は、
古臭くて捨てるべき概念。

そんなんじゃ誰も幸せなれない。

死ぬ前に人生を振り返った時に、
後悔するだけ。

 

だからさっさとブラック企業なんて辞めろ。

青春できなくなるぞ。

というかそれ以前に、幸せになれない。

 

嫌なことは嫌と言って、
やりたくないことはやらない勇気を持とう。

どうせ苦労するなら、
理想の未来を実現させる為に苦労しようよ。

人生、まだまだこれからだよ!

 

喫茶店

 

と言ってる言葉の信憑性を高める為に、
俺も仕事頑張るね。

好きなことで生計を立てつつ、
青春コミュニティを作って、
ブラック企業で働く人を減らす。

それも、青春するキッカケ作りや
環境を与えることに繋がる。

お互い頑張ろ!