ブログとSNSの違い

SNSやブログで情報発信することは、
今では当たり前になった。

両方共同じ「文章による発信」だけど、
この2つには大きな違いがある。

 

ブログは長文で深い文章の為、
文章自体がコンテンツになる。

本の一部を公開する感じ。

本はお店で売ってるから、
ブログも商品や作品になりえる。

文章を読んだ人の人生を変えたり、
新しい道標になることもある。

 

SNSは短い文章の為、
要約された内容になり、
手軽で伝わりやすいけど
コンテンツにはならない。

ブログと同じ文章ではあるから、
コンテンツになりそうなんだけど、
実際は知ってもらう為のツールになる。

 

分かりやすく例えると、
ブログは商品でSNSはCM。

なので使い方も効果も微妙に違うし、
求められるものや運営の仕方も変わる。

 

 

価値の高いコンテンツが第一

「コンテンツイズキング」
という言葉がある。

コンテンツこそが王様・主役という意味。

コンテンツは色々あるけど、
簡単に言うと商品やサービスのこと。

どんなビジネスも、
商品やサービスが第一というか、
コンテンツが良くないと成功しない。

 

例えば、「超かわいい」と言って、
ある女性を宣伝しまくるとする。

CMでも大量に宣伝して、
誰もが知ってる人物になったとする。

でもその女性がブスだったら、
全然人気は出ないし需要もない。

「超かわいい」と宣伝されるにふさわしい
魅力的な女性でいる必要がある。

 

魅力的、あるいは有益なコンテンツは、
宣伝する前に必要なもの。

良いものがないと宣伝効果も薄い。

ゆえにコンテンツイズキングと言われる。

 

 

SNSの本質と注意点

現代ではSNSでの情報発信は、
大きな希望と可能性を秘めている。

ビジネスツールとしても欠かせない存在。

なのでSNSを頑張る人も増えたし、
情報も溢れかえってるけど、
それと同時に、薄っぺらい情報発信や
コミュニケーションを取る人も増えた。

 

いいねやフォローしてもらいたいから、
誰かにいいねやフォローをする人。

相手の情報発信には反応しないけど、
自分の情報発信を見てもらいたい人。

嘘をついて自分を凄い人にみせて、
誰かを利用したり騙す人。
(いわゆる「錯覚資産」の悪用・乱用)

 

情報の真偽や人の本質を見抜かないと、
思わぬ被害に合うこともある。

それはブログも同じ。

自由に誰でも情報発信できるからこそ、
嘘や自己中な考えが誰かに届く。

 

その一方で大きな宣伝効果があるのも確か。

正しく使えば、共感者やファンが増え、
考えや思いを拡散し合える。

 

コンテンツイズキングとはいえ、
それを知ってもらう為の宣伝も大事。

当たり前のことだけど、
良いコンテンツを作りながら、
正しく宣伝することがベスト。

どちらかだけじゃ
大きな成果や反応は得られない。

 

 

リアルが全て

リアルな世界で大きな実績を出してる人は、
ネットの世界でも信用を得やすい。

その結果、成果も出しやすくなる。

それは、仕事で大きな成果をあげたり、
良いコンテンツを作り上げた結果、
そうなる場合がほとんど。

結局、ネットでもリアルでも、
コンテンツや実績が評価される。

 

ブログやSNSで
情報発信を頑張るのも大事だけど、
リアルな世界で頑張ることも、
忘れちゃいけない。

ネットはある意味、
「拡散や増幅をする装置」なので、
リアルの価値を高めれば、
自然とネット内での価値も決まる。

そういう意味では、
リアルが全てかもしれない。

 

 

「稀少な本物」こそ価値がある

どんな知識も名言も、
言葉で言うだけなら難しくない。

「それらしい良い言葉」は、
そこら中に落ちてる。

それ自体にはさほど価値はない。

その言葉でどう変わるか、
どう行動していくかに価値がある。

 

実際に行動できる人や、
大きな実績や良いコンテンツを作れる人は
そんなにいないからこそ、価値が高まる。

逆にその他大勢に紛れた
「誰が誰だか分からない中の1人」には、
稀少性はないので価値もなくなる。

 

世の中には沢山の人がいて、
頑張って競争しているから、
勝ったり成功するのは簡単じゃない。

自分自身に大きな価値をつけたいなら、
稀少な存在になりつつ、
良いコンテンツを作り続けて

情報を発信し続けよう。

成功する為の方法は、
難しいけど実にシンプル。

諦めずに今を駆け抜けて、
理想の未来を実現させようね!