街コンスタッフの仕事やってます

みんな、街コンって知ってる?

見ず知らずの男女が集まって、
合コンする感じのイベント。

 

実は、俺は3年以上も、
街コンスタッフの仕事をしている。

ペースは月0~5回くらい。

 

この仕事をしてる人は少ないから、
街コンスタッフの仕事がどんなものか、
知りたい人もいるかもしれないし、
書いてみたら面白いかも。

そう思ったから、
今回のブログに書いてみることにしたよ☆

街コンの運営会社はいくつもあるから、
あくまで俺が所属してる会社の話ね☆

 

街コン関連の過去の記事はこちら↓

街コンスタッフ体験談
(2015年12月28日公開)

街コンの落とし穴
(2016年9月16日公開)

街コンリーダー
(2016年12月1日公開)

街コン参加者
(2017年1月8日公開)

阿鼻叫喚の街コン
(2017年2月23日公開)

街コンの心がけ
(2018年4月30日公開)

街コンのチャンス(浜松市)
(2018年8月1日公開)

 

 

【目次】※読了まで残り約8分

・街コンスタッフの仕事やってます
・街コンの担当者決めと参加者募集
・街コン開始までの準備と対応
・楽すぎる街コン中の仕事
・街コンスタッフの給料
・街コンスタッフのメリット
・時代の流行りと廃り

 

 

街コンの担当者決めと参加者募集

まず、街コンの運営会社が、
街コンの予定(シフト)を公開する。

そこに、俺達スタッフが、
担当可能な日を入力していく。

 

担当できるのが自分しかいなければ、
自分が担当する。

他にも担当できる人がいれば、
担当日数の多さやタイミングを考えて、
運営会社が担当者を決める。

 

街コンの開催日が決まって、
ネットで参加者を募集するんだけど、
人数が少なすぎて開催できない時もある。

多分、男女2組以上の申し込みがあれば、
街コンは開催される。

つまり、最低参加人数は、2対2の4人w

実際に俺は、男性2名、女性3名の、
合計5人の街コンを担当した経験アリ。

 

街コンは女性参加者優先なので、
女性参加者の数に合わせて、
男性参加者を募集する。

例↓

女性参加者2名=男性2名まで募集。

女性参加者5名=男性5名まで募集。

 

大体だと思うけどね。

3人で1組の時もあれば、
1人参加が3組の場合もあるから。

 

 

街コン開始までの準備と対応

街コン開始時間の1時間前までに、
開催店舗に入店する。

入店後、店員に、街コンの参加人数と、
貸してほしいテーブル数を伝える。

 

テーブルが決まったら、
各席にプロフィールシートを置く。

プロフィールシートは、
自分のプロフィールを記入する紙。

趣味や仕事などの欄があるよ☆

 

街コン開始30分前になったら、
受付を開始。

これも大体で、それより前に来れば、
その時点で受付をする。

 

受付は、スマホや紙の名簿を見て、
チェックを入れたりする。

名簿は運営会社が用意してくれて、
コンビニのコピー機で印刷したり、
スマホでアクセスしたりする。

 

参加者の席は決まっていないので、
自分なりに考えて配置。

男性参加者が移動するシステムなので、
男性が移動しやすい配置にしたり、
女性をソファー席にしたりする。

 

 

楽すぎる街コン中の仕事

街コン開始時間になるか、
参加者が全員揃ったら、
みんなの前でアナウンスをする。

アナウンスの内容は↓

 

①最初の挨拶と参加のお礼

②席替えの時間配分

③飲食についての説明

④全席禁煙

⑤乾杯

 

街コンは2時間~2時間半だから、
全員と話せるように、
席替えの時間配分を決める。

例えば、2時間で3席なら、
120÷3=40分ごとに席替え。

 

席替えの10分前になったら、
連絡先の交換をアナウンスする。

街コン終了時間になったら、
お礼を言って解散させる。

全員が店を出たら、
店員にお礼を言って、自分も帰る。

それだけw

 

参加者が話している間は、
自分はすることがないので、
スマホをいじったり、読書してるw

2時間半の街コンでも、
実際に働いてるのは10~20分くらい。

楽すぎるよ\(^o^)/

 

 

街コンスタッフの給料

気になる給料だけど、
1回の街コンで5000円保証と、
交通費とドリンク代が支給される。

昼の部と夜の部を連続で担当する時は、
食事代も1000円までなら支給される。

街コン2時間+1時間前入店だから、
時給2000円くらいかな。あの内容でw

 

ちなみに、二次会を開催すると、
利益の半分を給料としてもらえる。

最近は参加者が少ないから、
めったに二次会はやらないけど、
時給1万円を超えるときもあるよ!

 

少しズルい方法だけど、
新幹線で行くふりをして車で行けば、
ガソリン代から新幹線代を引いた金額を、
給料にすることもできるかも。

交通費を支給してもらえるから、
例えば名古屋の街コンを担当して、
街コン以外の時間は買い物するとか、
工夫して節約もできる。

 

街コン参加者に自分の商品を売って、
利益に繋げることもできそうだね。

赤の他人が集まる場だから、
有効活用する方法は沢山あるよ☆

 

 

街コンスタッフのメリット

街コンの男女比率は、
ほとんどの場合、同じ人数にならない。

俺は男だから、女性参加者の比率が
あまりに多い場合は、
男性参加者として街コンに入る。

 

つまり、給料をもらいながら、
通常は8千円以上も払う街コンに、
タダで参加できちゃうってこと。

フリーの男性なら、
これはかなりおいしいよね。

 

中には、自分が入りたいからって、
少し強引に横入りするスタッフもいるよw

俺は、めんどくさいし、彼女一筋なので、
よっぽどのことがないと入らないけどね☆

 

でも、参加者と仲良くなることは、
全然珍しいことじゃない。

参加者がフットサルやってたから、
俺のチームと交流戦をしたこともあるし、
仲良くなって飲みに行ったこともある。

イベント大好きなスタッフは、
自分が開催するイベントに招待してた。

 

リアルで赤の他人と仲良くなれる機会は
意外と少ないから、大きなメリットかも。

 

 

時代の流行りと廃り

ということで、以上が
街コンスタッフとしての仕事になります。

 

ブログを書いてて思ったけど、
もう3年以上もやってるんだね。

最初の頃は、凄く緊張して、
ドキドキしっぱなしだったけど、
随分慣れたもんだ。

 

今の若者は、出会い系アプリで
恋愛することが多いみたい。

相席屋ができてからは、
街コン参加者が激減した。

 

時代はどんどん移ろい、
流行っては廃っていく。

でもどの時代でも、男女は恋愛するし、
出会いのチャンスを求めている。

 

街コン自体は完全に廃れているので、
開催の回数も規模も縮小してるけど、
興味がある人は、参加してみたり、
スタッフとして働いてみてね。