自己主張だけ強くてもダメ

今はひと昔前に比べて、挑戦している人が増えたように思える。

挑戦といっても色々あるけど、自己表現を拡大したり、繋がりを重視する傾向がある。

 

それ自体は凄くいいことだけど、少し違和感を感じた

それは、つまらない低レベルなコンテンツが増えすぎてるから。

 

誰だって最初は実力がないし、最初から全部うまくいく人なんてごくわずか。

だからクオリティが低いのは当たり前なんだけど、問題なのは気持ち

お金を沢山稼いだり、知名度を高めるために一生懸命な人たちが多すぎるイメージがある。

 

結局みんな、自分のことばかり考えてるのかもしれない。

 

でも基本的にみんな他人にそこまで興味ないから、自分のことばかり考えてる人には近づこうとしない。

なのに自己主張ばかりしていると、嫌悪感が増すだけ。

それに気づいてない人は意外と多い。

 

 

言って満足してたら理想は叶わない

普段のコミュニケーションでもそうだけど、自分の話ばかりする人は嫌われやすい

コンテンツや情報発信も同じで、自分のために一生懸命努力していても、他者への貢献や価値提供をしないとうまくいかない

 

ただ理想を語ったり、大義名分を掲げるだけじゃ、気持ちは満足しても現実はついてこない

結果が全てじゃないけど、結果は凄く大事だし求められる

 

前の自分もそうだったけど、夢を追ってる自分に満足しちゃいけない

夢や希望を持つのは素晴らしいけど、口だけで行動が伴っていなければ理想は実現できない

 

無謀な挑戦をする人は少ないけど、全国規模や世界規模で見れば、自分と同等かそれ以上に頑張ってる人たちは沢山いる

ライバルや競争相手が沢山いて、その中で勝っていかなきゃいけない現実を前にして、それでも突き進む覚悟が必要なんだ。

 

 

お金の問題と正しい価格設定

それでも、やりたいことをやったり、実力不足の状態で挑戦することは素晴らしいし、青春するキッカケにもなる。

そして何をするにもお金が必要だし、お金がなきゃ何もできないのも分かる。

 

それでも、お金より信用の方が大事なのは確か。

目先のお金を追ってばかりいて、逆に大切な何かを失い続ける可能性もある

ここが凄く難しいところ。

 

自分が好きなことしたり、自分が作ったものがお金に換われば嬉しいよね。

好きなことを仕事にするのは幸せなことだから。

 

そこで大事なのは価格設定。

お金を払う側は、なるべく安い方が嬉しいし、何なら無料が一番いい

でもそれだとお金を受け取る側が消耗してしまうし、結果的に活動を続けられなくなる

 

お金を払う側も受け取る側も喜ぶ価格設定ができれば、信用も高まるし良いことだらけ!

 

 

諦めても何も残らない

でも最近は、正直夢とかよく分からなくなってきた

好きなことを好きなようにやってるだけじゃダメで、実力や結果も必要

 

借金生活を送りながらも色々頑張ってきたけど、疲れたし理想も見えなくなった

やっぱり普通に働くのが一番いいのかもしれない。

 

それでも、あと少しだけやってみようと思いながら、何とか今も色んな活動を続けてる

けど正直楽しくないし、お金がないのが辛すぎて、やる気も元気も自信もなくなってきてる

 

それでも、やり続けるしかないんだよね。

だって夢や青春することをやめたら、俺には何も残らないから。

Follow me!