過去最大級の執筆量

最近は、いまだかつてないくらい沢山の文章を執筆してる

ライティング案件では、銀魂の神回について執筆してるんだけど、元々2万文字くらいになる予定が、3万文字くらいになりそう

 

3万文字ってw

400字詰め原稿用紙75枚分だぜ?

卒論か!!

 

フリーランスだからまだいいけど、掛け持ちだったら完全にアウト!

しかも与えられた期限は5日間

そんなライティング案件をこなしながら、ブログも小説も執筆して動画も撮影するなんて!

 

でも無事に執筆完了できたら、4万5千円以上の報酬になる。

5日間フルに使ったとしても、日給9千円

悪くないね。いやむしろいい!!

 

ようやく、ちゃんと仕事してる感じになってきた。

何とか乗り切ろ!!

 

 

自由に書く文章が好き

やっぱり、誰かの依頼で執筆するSEOライティングはしんどい。

だって思ったように自由に書けないんだもん。

 

しかも敬語口調の文章だから、文字数だけ増えていく。

「行く→行きます」みたいになるから、文章量に対して自然と内容が薄れる

 

しかもネット検索で上位表示されるための書き方だから、まどろっこしい。

不自然に狙ったキーワードが乱発されてるから、読んでて違和感半端ない

表現の幅も制限されるから、やきもきしちゃう。

 

やっぱり自由に書ける文章がいい

素直に考えや思いを言語化するって素敵。楽しい。

 

特に小説は、物語自体を自分で作れるから好き。

世の中にひとつしかない、唯一無二のコンテンツを生み出すなんて、最高すぎるよ。

 

 

文章の執筆は考えや思いを遺すこと

お金を稼ぐためにブログを書く人もいるけど、俺には無理。

そういう人たちを否定するわけじゃないけど、そんな書き方をするくらいなら普通に働く方がマシ

 

ブログなんて、ただの自己満でもいい。

誰に何を言われても構わない。

書きたいから書く。それだけ。

 

文章で伝えることも大事だけど、文章として遺すことも大事

まるで写真を撮るように、今この瞬間の考えや思いを、文章として刻む

 

それ以外に、考えや思いを残す方法ってなくない?

感情も考えてることも、時間とともにどんどん変わり続けていくから。

 

だから俺は昔から、ブログのアクセス数なんて完全無視してる。

どのくらい読まれてるかなんて関係ない。

読者が1人だろうが1億人いようが、書く内容は変わらない

 

だからアクセス数なんて気にしない。

どうせ大して見られてないだろうけどね!w

 

 

人の心に届ける文章を書き続ける

こんな感じで、SEOライティングの仕事をしてたら、ストレスたまって文章への感情が爆発した!

文章なめんな。検索エンジンに向けて書く文章なんてクソクラエじゃ!←誰?

 

文章は、人が意志や気持ちを伝えるために生まれたもの。

お金儲けのツールでもないし、多くの人に届けるためでもない。

 

俺たちは、いつから無機質なデジタルに向けて文章を書くようになった?

いつから人の心を無視するようになった?

 

SEOライティング?検索順位?広告収入?

くだらねぇよそんなもん!!

文章ってのはなぁ、人の心に届けてナンボじゃろうが!!

 

ということで、俺はこれからも自由に好きに文章を執筆していく

多分飽きない。飽きてもやり方を変えるだけ。

 

みんなも、言葉を沢山遺してみたら良いことあるかもよ。

考えや思いを伝える力は、高ければ高いほどいい。

あなただけの文章を、ぜひ世の中に向けて発信してみてね☆

Follow me!