まさかの高単価案件に合格!

お金がなくて困ってるけど、
受注のライティングは気が進まなくて、
しばらく探してなかった。

そしたら、依頼者側から仕事の相談が来て、
まさかの文字単価3円だったから、
ダメ元で応募してみたら一発合格したよ!

文字単価1円あればいいと思ってたのに、
3倍もの報酬を得られるから、
かなりハードル高いと思ってたけど、
こんな簡単に合格するとは思わなかった。

 

まだ始まってさえいないけど、
契約と登録は済ませたから、
これから記事を執筆していく。

内容は、アニメや国内ドラマなど、
色んな作品を配信している
動画サイトの作品紹介文の執筆。

今まで書いたことのない内容だけど、
頑張って書いてみる(*^-^*)

 

極貧生活から、やっと抜け出せるかも?w

 

 

クラウドワークスとは

ちなみに、仕事を受注したのは、
クラウドワークスという
プラットフォーム。

仕事を発注したい側と受注したい側が、
ネット上で集まる場所。

 

受注者は無料で利用できるし、
色んな仕事が幅広く揃っていて、
自分が求めている仕事を見つけやすい。

最近は、文字単価など、
報酬条件を決めて探せるようにもなった。

 

俺はほとんど放置してたけど、
それでも仕事の相談を受けることも多く、
かなりアクティブなプラットフォーム。

報酬が高くない仕事なら、
未経験の人でも依頼されやすいから、
気楽に始められる。

場所と時間を自由に選んで
働きたい人にはオススメ。

 

 

仕事を受注するまでの流れ

今回は、発注者側から
声を掛けてもらったんだけど、
実は前にも同じ案件に
応募したことがあった。

その時は「応募者多数の為落選」という、
ありきたりな理由で断られた。

 

文字単価3円は、かなりの高単価だから、
どうせ応募してもまた落ちると思って、
前回と同じ提案文をコピーして送ったw

そしたら、テストライティングを
お願いされたんだよね。

 

でも、テストライティングの候補が
50作品くらい提示されたんだけど、
一度も観たことのない作品しかなくて、
実は辞退しようとしたんだ。

「読んだことのない作品しかないので、
今回は辞退させて頂きます」って返信した。

 

そしたら、次は100件以上の候補を
提示してくれて、
「この中ならどうですか?
是非お願いしたいです」って言ってくれた。

本当は気が進まなかったけど、
そこまで言ってもらえたから、
2作品を選んでテストライティングした。

 

 

誠意と工夫で信用を高める

今思えば、正直に言ったことが、
逆に良い印象を与えたのかも。

「読んだことがないから書かない」は、
「読んだ作品しか書かない」と同じ。

ということは、作品紹介文を書く時は、
作品を知ってから書くということ。

その期待と信用は大きい。

 

更に、無視されがちなメッセージに、
きちんと返信したのも良かったかも。

辞退するなら、返信なんてせず、
スルーする方が楽だからね。

 

返信もすぐにして、
テストライティングも当日に納品。

そのスピード感も、信用を高めたかも。

意外と納期を守らない受注者は、
沢山いるみたい。

 

最後のダメ押しは、納品した時に、
感謝の気持ちを添えつつ、
一生懸命頑張った感も伝えた。

相手も人間だし、執筆業務だから、
文章で心に響かせることで、
合格率を高める工夫をした。

 

更に「もし落選した時は
アドバイスを下さい」という、
一言も添えた。

そうすることで、相手からしたら、
断るコストが高まるし、
向上心の高さをアピールできる。

 

こんな感じで、
テストライティングはもちろん、
それ以外のところにも工夫を凝らしたよ☆

 

 

継続がもたらす実力と報酬

ということで、無事に高単価案件の
契約と受注をすることに成功。

でも、まだスタート地点に立っただけで、
本番はこれから。

 

今まで3年以上ずっと、
無料でブログを書き続けてきたけど、
やっと努力が実を結んだ。

少しずつ高まったライティングスキルは、
長い継続の結果、得られたもの。

 

そう思うと、何だか感慨深い。

過去の自分にも感謝。

本当に長い間ずっと、
頑張ってきたんだなぁ。

 

声を掛けてくれた発注者の方にも、
本当に感謝してる。

これからは、良い文章を書いて、
報酬以上の恩返しと貢献をしていくよ☆

 

天才だから大丈夫。きっとうまくいく。

俺の新しい挑戦と青春が、
これから始まるんだ。