好きなことと動線をデザインする

好きなことをしたり、夢を追いかけるのは
素晴らしいことなんだけど、
ただやるだけじゃなくて、
過程や目標、戦略や計画などを
デザインすることも大切。

内容や求める成果によって
正解も変わるから、
答えを決めるのは難しい。

でもそれが未来へ続く道の分岐点になる。

 

フリーランス歴1年の俺は、
自由に好きなことをしてみるという、
ちょっとした実験を楽しんでた。

やりたいことを即行動に移せる状態は、
大きなチャンスだし、理想でもあった。

 

でもそれだけで夢が叶ったり、
望んだ成果が出るわけもなく、
経済的にもピンチだし、進む速度も遅い。

でも「俺はこれでいく!」という感じの
方向性はちゃんとあるから、
動線をデザインして進んでいくよ!

 

 

【目次】※読了まで残り約5分

・好きなことと動線をデザインする
・活動内容の洗い出し
・重要な連携と連動
・得意なことで協力し合う青春
・未来には期待と希望しかない

 

 

活動内容の洗い出し

まず、今の自分の活動を洗い出してみる。

 

【してること】

・ブログ執筆

・動画制作

・SNS運営

 

【やりたいけどまだやってないこと】

・音楽活動

・小説連載

・投資の勉強とシュミレート

・コミュニティ作りと企画

 

これら全てが、自分や他人、
大きく言えば世界すらも、
青春させることに繋がる。

 

でも悪く捉えると、自分中心で自分主義。

趣味の延長線上にも見える。

 

青春=エンタメでもあるし、
エンタメは1人では成立できない。

それらをふまえた上で、
シナジーマップを描いてみた。

 

 

重要な連携と連動

役割分担として考えてみると、
ブログと動画制作とSNSは、
広報や宣伝の役割が多い。

 

音楽活動や企画はエンタメ。

小説連載は作品。

投資は資金調達。

そして、全活動の基盤になるのが
コミュニティ。

 

これら全ては単独ではなく、連動している。

つまり、どれか1つがうまくいけば
他のこともうまくいくし、その逆もある。

 

更に1人で全部やってたら、
絶対的に寿命が足りないので、
仲間や支持者と協力し合いながら
連携することが絶対条件。

その為に大事になことは、
価値を提供しながら仲間を見つけて、
繋がり、絆を強めていくこと。

 

 

得意なことで協力し合う青春

小説の連載で例えると、
物語を考えたり執筆するのは自分だけど、
挿絵は身近な人に頼む。

俺は絵を描くことに対しては素人だし、
描くのが好きなわけでもないから。

 

でも絵がうまくて、
絵を描いて収入を得たい人は沢山いる。

そういう人に絵を任せれば、
小説のクオリティも上がるし、
お互い好きで得意なことで協力し合える。

それって最高だよね(*^^*)

青春の匂いがするよ。

 

分業制だからこそ、
進むスピードも速くなるし、
巻き込める人も増える。

一緒に頑張って利益を分配するなんて、
まるで海賊みたい。

ワクワクしかないよ。

 

早く行きたいなら1人で行け。

遠くに行きたいならみんなで行け。

そんな名言もある。

俺は遠くに行きたいから、
みんなと一緒に行くよ(*^^*)

 

 

周りを勝たせて自分も勝つ

何か大きなことを成し遂げたいのなら、
まずは周りを勝たせることが先決。

それが仲間や支持者を増やす結果に繋がる。

 

勝たせるっていうのは、
自分が持っている価値や能力を提供して、
相手に喜んでもらうこと。

それができれば、
確実に夢の実現に近づける。

 

その為に自分を高めていく努力を続けるし、
人の気持ちを大切にしていく。

自分にできることなんて
たかがしれてるけど、
何もないわけじゃない。

「やります!」と声をあげれば、
「じゃあお願い!」って言ってくれる人も
必ずどこかにいるはず。

 

幸い、ツイッターには、
共感や賛同をし合える好きな人達が
何十人もいる。

彼ら彼女らと力を合わせていけば、
凄いことができそうな気がするよ!

 

 

未来には期待と希望しかない

うん、なかなか楽しくなってきた。

こういうこと考えながら伝えるの大好き。

 

ツイッターのフォロワーも
1000人を越えたことだし、
みんなに価値を提供して、
今後に繋げていこう。

そこから、また新しい何かが見つかったり、
始まるかもしれない。

 

いつものことながら、
未来には期待と希望しかないから、
楽しみすぎることだらけ。

青春できるかどうかは、気持ち次第。

 

関わった人達全員に
「関わって良かった」と思われるように、
色々頑張るぞ!\(^o^)/