ツイッターの人間関係

まともにツイッターを始めて、1年2ヶ月が経過。

これだけ長くツイッターをしていると、今はもう放置アカウントになってる人もいる

昔は沢山ツイートしてたり、絡んだりしてた人がいなくなると寂しい

 

昔から相変わらずツイッターを続けてる人もいるし、途中からあんまりツイートしなくなった人もいる。

新しく繋がる人もいるし、離れる人もいる。

SNSだからこそ手軽に繋がれる人間関係は、どこか希薄な関係でもある。

 

でも中には、凄く好きな人もいるし、絆が深まる人もいる。

そんなSNSは、大切な場所

 

だからこそ、いつの間にかツイッターから消えてしまったり、ツイートしなくなった人が気になるよー!

 

 

今はいない仲良しさんたち

今は仲の良いフォロワーさんでも、繋がったタイミングや理由は思い出せないことが多い

でも基本的には、そんなに大した理由がないことがほとんど。

最近はフォロバもしてないし。

 

逆に、どんな理由でツイッターからいなくなったのか、ツイートしなくなったのかも分からない人も多い。

中には、理由を言った上でツイッターから離れる人もいるけど、ほとんどの人は気がついたらツイッターから離れてる

 

気になるからフォローしたままにしてるけど、そんな人たちが戻ってくる日は来るのかな?

別にツイッターをやらなきゃいけないわけじゃないけど、また昔みたいにその人のツイートを見たり、絡んだりできたらいいな

 

 

それぞれのツイッター

ツイッターをやる理由は人それぞれで、俺がフォローしてる人たちも、それぞれの個性のあるツイートをしている

中には直接会う人もいるし、いいねするだけの人もいる。

 

正直、最近は少し放置ぎみだけど、長い付き合いの人は親近感が高いし、最近繋がった人は新鮮な感じがしていい。

似たような価値観を持った人や、好きな人とだけ繋がれるのも、SNSの良いところ。

 

そんなSNSの可能性を、俺はまだまだ引き出しきれてない気がする。

アレコレ考えすぎなのかもしれないけど、意外とツイート内容を考えるのも難しい時がある

 

俺の場合はブログなどのコンテンツの宣伝が多いけど、もう少し気楽な感じでツイートする時もあった方がいいかも。

あんまり堅い内容とか理論的な文章ばかりだと、敬遠しちゃう人もいるだろうし。

同じようなツイートばかりしてても、見る側は飽きちゃうよね。

 

 

嫌気がさすツイッターでも頑張ってみる

最近は忙しいのもあって、あんまりツイッターをしてない。

そんな俺も周りから見たら、ツイートしなくなった人のひとりかも。

 

ツイッターをやめる人のほとんどは、いいねやフォロワー数が伸びなくて、やる気がなくなることが多い。

ツイートをする度にいいねやフォロワー数が伸びていたら、ツイッターがもっと楽しかったと思う。

 

最近は、毎日ある程度は新規フォロワーが増えてるけど、こっちがフォローしないと外す人ばかり。

つまり、フォロバ狙いのフォローだらけってこと。

 

そんな人たちばかりのツイッターワールドに、嫌気がさしたのもある。

「結局みんな自分のことばっかじゃん」って思った。

 

個人的な意見としては、ツイッターもどちらかというと衰退傾向にあると思う。

プライベートとビジネスの人が分断されてるし、若者はインスタをメインSNSとして活用してる

 

それでも、ちゃんと目標を持って正しい運営をしていけば、きっと良いことがある。

俺は正直、あんまり頑張ってないから、ちゃんとやっていかなきゃ!w

Follow me!