まさかのゴーストライター

俺が受注してるライティング案件は、「MOVIE SCOOP!」というメディアで掲載される記事を書かせてもらってる。

そこで初めて書いた記事が、公開されたよ☆↓

【銀魂】神楽と沖田の気になる関係に迫る! ライバル?仲間?え、結婚!?

 

 

これが嬉しくて、SNSやブログでみんなに広めようと思った。

でも「written by(執筆者)」の欄を見ると「カケボーイ」と書かれていた。

 

え?俺のペンネームってカケボーイなの?w

そう思っていたら担当から連絡があり、どうやらSEOの観点から執筆者を統一しているらしい。

 

つまり俺は、カケボーイのゴーストライターということになるのかな。

だからと言って何かマイナスがあるわけでもないけど、少し寂しい気もした。

 

本当は、自分の名前で記事を公開してほしかったな。

そうすれば、それを見た人からライティング案件のオファーが来るかもしれないし、拡散した時に俺が書いた記事だと分かるからね。

 

 

高いシステム利用料や手数料は痛い

更にクラウドワークスのシステム利用料が、20%も取られてビックリ!

調べてみたら、クラウドワークスのシステム利用料は、支払いの報酬額が10万円以下だと20%の手数料で、10万円~20万円なら10%、20万円以上なら無料らしい。

 

税金で取られるなら分かるけど、システム利用料で取られると凄い損した気分

9万円稼いでも、18000円も取られるんだもん。

かなり大きいよね。

 

ヤフオクやメルカリなどのプラットフォームも、手数料として10%も取られるから、手数料って痛いね。

でもそれだけの価値があるかもしれない。

個人でやろうとしてもできないことを代わりにやってもらえるし、信頼や保証もついてくるから。

 

もうすぐ消費税も10%になるし、ちまちまお金を取られて嫌な気分

言ってもしょうがないけどさ。

クラウドワークスのシステム利用料については、全く知らなかったから落ち込んだ。

 

 

ライティング案件のやる気が落ちた理由

ライティングの話に戻すと、今はどんどんやる気がなくなってる

だって良い話は全然増えないのに、悪い話ばかり増えるんだもん。

 

アニメを観ながら内容を記事にする仕事は、遊びがお金に換わるから良いと思う。

今担当してる銀魂は大好きな作品だし、その記事を書けるのも嬉しい。

 

でも楽しくないんだよね。

仕事だから楽しくなくても頑張るけど、大変なことが多い

 

しかもさっき言ったようなシステム利用料を考えると、実質的な文字単価は下がる

今の報酬額には満足してるけど、思ってたより報酬が少ないとやる気は下がるよね。

 

しかも、いくらこっちが早く記事を書いて納品しても、クライアントのチェックや依頼書作成などを待つ時間がある。

バラつきはあるけど、納品完了から次の依頼書が来るまで3日かかることもある。

 

そうなると週に2記事も書けないから、1記事1万文字としても、1週間で15000円しか報酬がない。

だからこのライティング案件だけで生活していくことはできないんだよね。

 

 

手探りの答え探しは続く

そんな感じで、やる気が落ちていると同時に、新しい仕事を探そうと考えてる

ウェブライティング自体は好きだけどね。

高い報酬がもらえるならやる気も高まるし。

何だかんだ言って、今のライティング案件を受注できてることにも感謝してるよ。

 

前向きに考えた場合、ライティング案件だけでは生活できないからこそ、自分で何とか稼ごうとしたり、違う道を模索するキッカケになるのもいいね。

もしライティング案件だけで、生活できるくらいの報酬がもらえたら、ライターとして頑張っていくことになりそうだった。

 

俺は、そもそもライターになりたくてフリーランスになったわけじゃない。

好きなことやりながらお金を稼ぎたいから、今のままじゃダメなんだよね。

 

高単価のライティング案件の契約が決まった時は、これさえやってれば大丈夫と思ったけど、まだまだ手探りで答えを探すことになりそう。

それも楽しいよね。きっと。

頑張るぞー!

Follow me!