ヤフオクデビューしました

最近は、ヤフオクにハマっている。

もちろん、買うのは金魚☆

と言っても、まだ2日目だけど、
ネットで金魚を見て選ぶのは楽しい。

 

生き物だから、実際に泳いでる姿を、
色んな角度から見て
判断した方がいいんだけど、
ヤフオクは安いから買いやすい。

相場では5000円くらいする子が、
送料込みで2500円くらいで買えたりする。

送料は1100~1500円かかるけど、
それを含めても格安の場合が多い。

 

安いだけでなく、珍しい子もいるけど、
ネットでのやり取りだし、生体なので、
難しいこともあるし、デメリットもある。

お金だけ払って死体が届いたら、
お金をドブに捨てたようなものだし、
実際にそういうパターンもあるみたい。

 

今回は、ヤフオク初心者の俺が、
実体験を通じて知ったことなど、
ヤフオクについて、色々語るよ☆

 

 

【目次】※読了まで残り約5分

・ヤフオクデビューしました
・競りをやってみて知ったこと
・競りの楽しさとリスク
・楽しむのも搾取されるのも自分次第

 

 

競りをやってみて知ったこと

金魚の人気がないせいか、
金魚のヤフオクは、
競り相手がいない時も珍しくない。

俺は実際に6件参加して、
2件は即決価格(即決価格のみ)、
2件は競り相手なしで落札、
1件は競り相手ありで落札、
1件は競り相手ありで落札できず。

すでに全パターンを経験したw

 

競り相手がいないと安く買えるから、
競り相手がいると嫌だけど、
ヤフオクはそういうシステムなので
しょうがない。

それに、競り相手がいるからこそ
楽しい時もあるし、
プラットフォームが盛り上がる。

 

競り相手がいて落札できなかった時は、
1800円スタートで、高値更新が続き、
最終的には4100円まで値上がった。

一応落札期限はあるんだけど、
最終入札が期限10分前以内だと、
期限が自動的に延長される。

 

例えば、残り10秒で入札したら、
また残り10分に逆戻りする。

実際に、入札が連続すると、
少しずつ逆戻りする時間が少なくなる。

入札額が高くなればなるほど、
制限時間も短くなる感じ。

臨場感があって、なかなか熱いよ☆

 

期限ギリギリで入札が入り、
高値更新が続くこともあるので、
本当に商品が欲しい人は、
期限時間前になると、
スマホやパソコンにはりつくことになる。

 

 

競りの楽しさとリスク

競りは、勝っても負けても、
それぞれの楽しさがある。

競りに勝って落札できたら、
勝った喜びがあるし、
負けて落札できなくても、
競り相手にお金を沢山払わせたという、
試合に負けて勝負に勝った感があるw

 

中にはヒートアップして、
どんどん値段をつり上げる人もいる。

挑発行為じゃないけど、
自分がいなかったら1800円だったのに、
自分がいたから4100円になった時は、
不思議な充実感があった( *´艸`)

もしかしたら、ちょっと性格悪いかもw

 

でも相手もついてくるとは限らない。

あまり値段をつり上げ過ぎても、
相手がそれ以上の高値をつけなければ、
自分がその金額を支払うことになる。

その駆け引きが楽しくもあり危険でもある。

 

聞く話によると、サクラもいるらしく、
値段をつり上げるだけつり上げたり、
イタズラ入札をする人もいる。

ネットは相手が見えない分、
疑ったらキリがないけどね。

 

競りに限らず言えることだけど、
自分の中で上限額を決めておくことが大事

ギャンブルと一緒で、
理性をなくすほど熱くなりすぎたら負け。

無理のない範囲で楽しんで、入札しよう。

 

 

楽しむのも搾取されるのも自分次第

今はヤフオクが楽しくてハマっているので、
これからも続けてみる。

まだ2日しかやってないし、
商品が届いてさえいないので、
初心者中の初心者だからね。

 

ちなみに今日、家に稚魚が60匹到着予定w

更に数日後、50匹が到着予定。

もちろん、大切に育てるよ(*‘∀‘)

今年の稚魚は、ここで打ち止め。

 

正直、経済的な余裕はないけど、
金魚はYouTubeの映像でも使うし、
大好きすぎるからしょうがないよね☆

ヤフオクで使った分は、
現実で節約すればいいし。

 

ヤフオクを生かすのも、
ヤフオクに搾取されるのも、自分次第。

また掘り出し物が見つかるといいな♪

 

商品が到着したら、またブログか
YouTubeでレポートします(*‘∀‘)

お楽しみに♪