世界は広く、沢山の人達がいるから、
1人1人の小さな声はかき消されやすい。

それでも1人1人の人間は、
誰もが尊い個人でもあり、
この世に1人しか存在していない。

人の数だけ人生と世界があって、
可能性や希望を持っている。

人は人と繋がることでしか、
愛情や思いやりを持つことはできない。

 

このブログを書いてる俺と、
読んでるあなたもそう。

繋がったからこそ、感情を抱く。

ほとんどの人は無関係でも、
ほんの一握りの人とは関わり合っていく。

そんな未知なる可能性に、
期待と不安、希望と絶望を抱いている。

 

 

自分さえ良ければいい。
他人なんてどうでもいい。

そう思ってしまう時もあるけど、
結局、誰かと繋がったり、
誰かの為に何かしたくなる。

そして自分自身も、
誰かに優しくされたり、
助けられた経験がある。

それが人間の本質なので、
人との繋がりやコミュニケーションは、
良くも悪くも人生を変えていく。

 

ネットは世界に必要不可欠になったし、
コミュニティも増えたし、
自由に表現できるようにもなった。

だからこそ、
コミュニティに大きな可能性を感じてる。

それが「青春系コミュニティ」で、
青春Worldsが思い描いてる一大事業。

 

青春したい人達が集まって青春する。

単純だけど可能性の大きなコミュニティ。

それを実現させて、運営していく。

 

だけど構想がイマイチで、
どんなコミュニティにしていくかとか、
オーナーにふさわしい要素を考えたり、
コミュニティのコンセプトを考えたり、
答えを探し続けてた。

難しくて重要な課題だから、
すぐに答えが出るはずもなく、
悩ましい時間を長く過ごしてきたけど、
ようやく1つの答えが降ってきた。

 

 

それは、声なき夢見人達の集団

 

青春には、十代・学生のイメージがある。

それを更に深堀りしていくと、
若さ・未熟さ・希望・美しさ・可能性など、
いくつもの要素が存在してる。

そして青春は、結果よりも過程が大事。

大会で優勝することよりも、
仲間と努力する日々の方が大事。

 

そんな青春の要素を考慮すると、
「不完全さ」が必要不可欠で、
未熟なまま熱い今を駆け抜けることが、
コミュニティのコンセプトにふさわしい。

未熟でいい。
むしろそれが強みであり、特徴でもある。

何かが揃ってからではなく、
何かの条件を満たしてからではなく、
何の声も発してなかった人達が
声を発していく場所を作れたら、
それこそが青春コミュニティになる。

そこには希望と可能性が溢れてる。

始めの一歩を踏み出すキッカケにもなる。

 

 

何もなくていい。何も持ってなくていい。

自信も実力も、夢さえなくてもいい。

1人じゃできないことをみんなで

それが青春コミュニティ。

 

そんなことを考えてたら、
ワクワクが止まらなくて、
「やっと見つけた!」って思った。

何もなくていいから、今すぐ作れる。

すぐには人は集まらないだろうし、
収益化は程遠いけど、青春度は抜群に高い。

 

大好きなウォーターボーイズも、
見ようによっては青春コミュニティ。

シンクロもイベントと解釈できる。

要は、それと同じような
コミュニティを作って運営しつつ、
ドラマを生み出していく感じ。

それって最高だよね。

 

だから、絶対にやってやる!

希望と可能性の溢れるコミュニティを作り、
世界を変えてやるぜ!