俺は、こうして2年半以上毎日
1000文字前後のブログを書き続けている。

総記事数も、1000記事近くになった。

 

これだけの長期間、
ブログを書き続けようとしても、
99%以上の人が挫折する。

書く内容が思いつかない、
時間がない、などの理由で、
書き続けることができなくなる。

 

なのに青春系というネタ制限の中、
長期間ブログを書き続けてきたことは、
統計的には凄くことかもしれない。
(そもそも青春系が曖昧だけど)

今でも「ブログ書かなきゃ」って思って、
何とか更新が止まらないように
急いで書くこともある。

完全に習慣化してるけど、
簡単なことじゃないとは思う。

 

 

俺がブログを書き続ける理由はこちら↓

毎日のブログ更新

 

約2年前、毎日のブログ更新が苦痛で、
やめたいけど何とか続けた頃の葛藤↓

ブログ書きたくない

 

1年以上毎日ブログを書き続けても、
1日10人しか見てくれてなくて、
書く意味なんてないと思った頃↓

ブログ更新は意味がない

 

ブログを書く面白さはこちら↓

ブログを書くのは面白い

 

ブログを書き続けるコツはこちら↓

ブログを書き続けるコツ

 

 

こんなにブログを書いてると、
もはやブロガーと言ってもおかしくない。

ブログを書くこと以外には、
ハッキリ言って何もしてないから、
やはりブロガーが一番しっくりくる。

「何してる人ですか?」って聞かれたら、
「ブロガーです」って答えようかな。

 

でも本当は起業家を目指してるし、
ブロガーになるつもりもない。

ライティングスキルは
自分にとっての武器の1つだけど、
それだけを仕事にするつもりはない。

でも、ブロガーとしての仕事も、
いくつかの仕事の内の1つにはしたい。

 

ブロガーって言っても
色んな種類の人がいるけど、
ただブログを書いてるだけの仕事には、
あまり魅力や楽しさを感じない。

ただ、ブログを書いていくことは、
情報発信力を高めることにもなるから、
それを生かして
他の何かに繋げていくのは楽しそう。

認知度やファンを増やして、
色んな人達に影響を与えながら、
巻き込んで何かをしていきたい。

そこには、未知なる可能性がある。

 

 

でも、思いや考えを書いてるだけじゃ、
これ以上先には進めない気がする。

ずっと何かが足りないと思ってたけど、
それはリアルな活動だったり、
明確なコンテンツだったりする。

何かに向かって行動していたり、
何かを作ってないと、
なかなか人の心は動かないし、
信用も生まれにくい。

実際にできてない人が
「○○する方法」なんて言っても、
何の説得力も信憑性もないよね。

だからこそ、リアルな活動や、
明確なコンテンツが必要で、
そこから生まれる信用が必要。

 

 

ということで、脱ブロガー宣言。

てか、このブログを書いて初めて
自分がブロガーだと気づいたけど(笑)。

 

いや、本当に、
ちゃんとやることやらなきゃダメだね。

ずっと停滞してる。
理想の未来に近づくスピードが遅すぎる。

頑張ります!