小説は完結してからが大切

小説の閲覧数が、十六話まで公開した時点で、202しかなかった

でも、小説自体はまだ全然完成してないから、しょうがないかな。

 

どの小説もそうだけど、一話ずつコンテンツにしているわけではなく、全体でひとつの物語

だから今はまだ、厳密に言えば制作中の段階

書き進めながら公開してると思えば、今はまだ閲覧数が少なくても安心w

 

小説は、完結した時点でどうなってるかが大切

むしろ、全話完結してから書籍化して、そこで沢山売れてくれれば最高

逆に、無料Noteだけ読まれて、書籍の小説が売れなかったら寂しい

 

そもそも、小説を読んでもらうこと自体が難しいけど、頑張らなきゃ。

自分自身も楽しみながら、読者にも楽しんでもらえる物語を、考えて書き進めて行くよ!

 

 

行きづまってる今後の展開

でも正直、最近は、小説の進行が行きづまってる

大体の筋書きは思い描けてるんだけど、細かいところまで考えが及んでない

 

対策もこめて、小説の制作部として、Facebookでコミュニティを立ち上げた

でも人気のない小説だから、メンバーも全然集まらない

ということで、やっぱり自分自身が頑張って考えて、面白い物語や展開を考えなきゃいけない。

 

もうすぐ、今回の物語の中核になる部分を書くから、そこがどうなるかによって、小説の面白さが決まる

そんな大切な部分だからこそ、余計に考え悩む。

 

小説は、文章だけで表現するしかないから、余計に難しい。

漫画とかなら、絵や効果や音声でも、クオリティを高められるんだけどね。

 

でもそんなこと言っててもしょうがない。

何とか考えて答えを出さなくちゃ。

 

 

迷ってるのは戦闘と展開

特に、戦闘においては、表現が凄く難しい

どんな戦闘をするかも、まだハッキリ決めてないし、それによって展開も変わる。

 

そもそも、戦う理由が欲しい。

流れとしては、主人公が死んだ親友を生き返らせる為に、現実世界とセネクトメア(現実と夢の狭間の世界)で行動して、それを邪魔する組織や敵と衝突する感じ。

 

つまり「親友が生き返ったらまずい人達」と戦うのが自然な流れなんだけど、何でまずいのかっていう理由も作らなきゃいけない

それ自体が、今後の物語の展開や深みに繋がっていくんだけど、それをどう表現していくかが悩みどころ。

 

あと、細かいネーミングも、毎回悩む。

迷うことだらけ。

 

 

最高傑作を作り上げる夢

でも多分、どんな有名な作家でも、物語を作る上で、悩み考える時はある

その結果、思いついたことが、面白くなる場合もあるし、スベる時もある

 

でも俺は、読者も確かに大切だけど、自分自身が面白いと自信を持って思えるような作品に仕上げたい

売れるかどうかは、その次の話。

というか、面白くなきゃ売れないしw

 

俺が書いてる小説『セネクトメア』は、一応長く書き続けられる世界観にしてある。

今回のメインストーリーは決まってるけど、次回作がどうなるかは、ぼんやりとしか決めていない。

 

でもだからといって、出し惜しみなんてするつもりはなくて、最高傑作を目指して書き進めていく

知名度は低いけど、読んでもらえればファンが増えるような、良い作品にしていきたい。

 

だからもっと色んな作品を観たり読んだりして、勉強することも必要かも

作り手としての視点で作品に触れることで、今までとは違った何かを得られるかもしれない

 

でも何事も、頑張ればできる

たった数人でも、俺の作品を「面白い」と思ってくれて、読んでくれてる人たちがいてくれる。

そんなファンたちの為にも、絶対に最高傑作を作ってみせるぞ!!