新鮮で楽しいコミュニティ

タケちゃんがコミュニティを作って、
メンバーが3人になって、数日経過。

コミュニティ内でのやり取りは、
mixi以来、約10年ぶり。

新鮮で楽しい時間を過ごしている。

 

やりたいことと、やるべきことは、
必ずしも一致するとは限らないし、
意見が分かれる時もある。

色んな人達がいるからこそ、
良いことも悪いことも増幅される。

 

ネットで知り合った赤の他人と一緒に、
色々語り合ったり、活動を決めるのは、
不思議な感覚。

会ったこともないのに、気が合うせいか、
普通の友達とは違った親近感がある。

青春仲間って感じ。

いいよね。こういうの。

 

さて、肝心の自分の青春コミュニティは、
どんな感じにしていこうかな。

今は、青春の活動やコンテンツ化をして
王道を突き進むか、
小説に関連する内容にするか迷ってる。

 

 

青春コミュニティの構想

青春コミュニティの場合、
立ち上げから色々決めるというより、
人が集まってから色々決めるつもり。

コンセプトは、青春したい人が集まって、
みんなで一緒に青春するという
シンプルかつ自由な内容にしていきたい。

 

でもね、考えれば考えるほど、
できない理由ばかり思い浮かんでくる。

アイディアを考えるのは好きだけど、
全然何も良い案が思いつかない。

 

シェアハウスみたいな場所を
用意できればいいんだけど、
今は全然無理だからなー。

そもそも俺自身が、
人が集まってもやりたいことがない。

やりたいことがないのに
コミュニティだけ作っても、
抜け殻状態で意味がない。

 

まだ時間があるから考えるけど、
この答えを出すのは難しすぎる。

 

 

小説関連のコミュニティの構想

一方、小説関連のコミュニティは、
かなり明確なイメージが湧いてる。

例えば、キャラをみんなで考えたり、
物語の内容や構想を公開して、
みんなの意見を集約する。

 

今はまだ小説だけだけど、
絵を描いてくれる人がいれば、
ゲームやグッズ制作にも繋がるし、
漫画化やアニメーターがいれば、
漫画化やアニメ化も可能になる。

大変だろうけど、
みんなと一緒ならできそうだし、
青春することにも繋がるよね☆

 

一つの小説をコミュニティで作れば、
他のアマチュア小説家との差別化もできる。

制作自体が盛り上がるし、
クオリティも高まっていく。

 

中には、他の小説家も入ってくれて、
アドバイスしてくれるかもしれない。

俺が小説で悩んでることとかも、
リアルタイムで流すのもいいね。

 

それに、小説を連載してるから、
小説からコミュニティに
流入してくる可能性も十分ある。

ネットだけで完全完結できるのも、
このコミュニティの強み。

 

小説とコミュニティが、
良い感じにシナジーを生み出して、
連動していけたら最高だね(*^-^*)

 

 

コミュニティで青春すれば絶対楽しい

というわけで、今のところ、
小説関連のコミュニティが優勢。

もはや、作らない理由がないくらい。

 

でも青春コミュニティも作りたい!

作るコミュニティは、
1つじゃなきゃいけないわけじゃないから、
両方作っちゃってもいいんだけどね☆

 

同時にやるとゴチャゴチャしちゃうから、
まずは小説関連のコミュニティから
作ってみようかな。

作る過程もエンタメ化できたら、
関わるみんなが楽しめるはず。

俺1人さえいれば、
コミュニティ内のコンテンツは
いくらでも作れるから、
少人数でも十分成立できる。

 

コミュニティかー。夢が膨らむなー。

楽しそうだなー( *´艸`)

青春できそうだなー( *´艸`)