青春コミュニティを作る挑戦

コミュニティを作って運営するのも、
俺がしたいことの1つ。

やっぱ青春といえば、仲間と一緒に
熱いことをするってイメージだよね☆

 

青春するコミュニティを作るとしたら、
リアルでの活動が欠かせない。

リアルで集まって関係性を築いたり、
企画を実行していきたい。

 

その為には大きな課題があって、
人を集めながら内容を充実させて、
持続させていくことが、とても難しい。

でも逆にそれさえクリアすれば、
良いコミュニティを運営できる。

 

青春コミュニティを作る挑戦を、
何とか成功させてみせる。

その為の構想やアイディアを、
今回のブログで書き進めて行くね☆

 

 

【目次】※読了まで残り約5分

・青春コミュニティを作る挑戦
・分断されるリアルとネットの課題
・高い価値のある情報を伝えていく
・リアルの活動も工夫する
・青春コミュニティを作るぞ!

 

 

分断されるリアルとネットの課題

青春コミュニティは、
リアルで集まって活動することが多い予定。

でもそうなると、
近場の人しか参加できなくなる。

 

それは、現代のコミュニティにおいては、
価値が低いし効果も薄い。

ネットをうまく活用した方がいいけど、
ネットでできることと
リアルでできることは、分断されやすい。

 

実際に俺も、参加したい気持ちはあるけど、
距離的に遠すぎて参加できない
コミュニティがあった。

車で数時間とか、電車で数千円の範囲なら
普通に移動できるけど、
日帰りが難しい場所には行き辛い。

 

時間的にも経済的にも、コストは重要。

人を集める工夫や、
ネットでも楽しめる工夫など、
課題は沢山ある。

 

 

高い価値のある情報を伝えていく

リアルとネットが分断されてても、
価値がある状態にできたらいいよね。

それなら、1つのコミュニティに、
リアルで楽しめることと
ネットで楽しめることの、
2つの価値を持たせればいい

 

実際に、オンラインサロンでは、
リアルで活動をしつつ、
ネットで裏話や状況を伝えて、
多くの支持を集めているケースもある。

 

例えば、リアルで良い活動をして、
仲間との絆を深めたり、企画を成功させる。

その活動を通じて、ネットでは、
その手法や過程を、情報として提供する。

 

コミュニティを作りたい人や、
組織をうまく運営したい人は多いから、
実体験から得られる情報には、
大きな価値が生まれる。

しかも俺の場合、
完全に一般人のど素人だから、
多くの人の参考になりやすい。

 

リアルの活動を作り上げて、
ネットで広めて届けるイメージ。

それなら、リアルで集まれない人でも
楽しめるコミュニティを作れる。

 

 

リアルの活動も工夫する

更に、リアルの活動も、
各地で同じように開催すればいい。

例えば、静岡県で開催した企画を、
今度は東京で再現してみるとかね☆

そうすれば、無理なく行ける範囲で、
みんなそれぞれリアルな活動に参加できる。

 

「静岡ではこれやるぞ!」

「じゃあ東京はこれだ!」

みたいな感じで、
各地で盛り上がれたら最高に面白そう。

使用する機材や物なども、
うまく使いまわせるかもしれない。

 

ただ、その構想は、
ある程度人が集まってからの話。

最初は少人数で活動するから、
まずは近場で活動するしかない。

何なら、自分1人で実行してもいいw

 

そこで重要なのは、伝えやすさと、
コンテンツ化しやすいかどうか。

ネットで伝えるからには、
それらが重要になる。

 

短時間で伝わりやすくする工夫が、
どれだけできるか。

クリエイターの腕の見せ所だね!

 

 

青春コミュニティを作るぞ!

考えれば考えるほど、
コミュニティは奥深くて難しい。

実際に運営してみたら、
もっと難しいんだろうな。

だから自信もないし臆病になる。

 

でも、何もしないままだと、
何も始まらない。

「自分には無理」と諦めてしまうことが、
一番いけないこと

 

今している活動といえば、
ブログと小説を書いて、
動画を公開してるくらい。

これは完全に個人の青春だから、
みんなで一緒に青春する活動は、
まだ何もできていない。

だから、挑戦してみる。

 

「いつかやる」と思ってたら、
いつまでもできないままだから、
期限は8月8日にするよ☆

それまでに、青春コミュニティを作る。

 

どんなコミュニティになるか、
楽しみに待っててね(*^-^*)