☆「あーもどかしい!もんもんする!」

★「気持ちだけたぎって現実は変わってないというジレンマですね。分かります。」

☆「いつになったら個人ブログレベルから抜け出せるんだー!こんなことしてるだけじゃ夢の実現は遠いままだー!」

★「いい感じにたぎってるね。その調子で頑張ろう!」

☆「てか可愛い大好きな若い子と同棲したい!」

★「え?話が急に変わった?」

☆「俺にとってはそれも青春!オシャレな部屋で同棲したい!常に一緒にいても苦にならないような相性ぴったりの子と!」

★「モシモノふたりで板野を見たからだな(笑)。」

☆「あいつがどうとかじゃなくて、ああいう生活ってメッチャいいなって思った!やっぱ青春に恋愛は欠かせないような気がするんだが!」

★「それはないよ。男子校の野球部だって青春なわけだし。ただ、恋する気持ちは青春だね。」

☆「もどかしいぃぃ~。青春した過ぎるぞ!!」

★「落ち着いて!冷静に!じゃあお前にとっての青春は、大好きな子と同棲することでいい?(笑)」

☆「そんな青春嫌だ!」

★「どっち!?したいのかしたくないのか!」

☆「したいけど、それだけじゃ嫌!もっとカッコ良くて魅力的なやつが欲しい!」

★「欲しいって(笑)。それは、起業だよね?」

☆「まぁな!でも友達と楽しく遊んだり過ごすのも大好きだぜ!リア充万歳!」

★「なるほど。確かに、根本的にはそうだよね。友達と楽しい時間を過ごすことも青春。」

 

☆「お金持ちになりたい。」

★「また急だな。お金持ちになってどうするの?」

☆「やりたいことやる。欲しい物を手に入れる。お金で買える自由は沢山あるからな!」

★「今日はどうした?(笑)生々しいというか現実じみてるというか。」

☆「現実はそんなもんさ。青春しようって言ったって、何をしたらいいか分からない人や、大人は青春できないって思ってる人達ばかりだぜ。」

★「そうだね。でもだからって、一般論に染まる必要なんてないよ。」

☆「自論を展開するだけじゃ、ただの一人よがりだ。一般論に染まるつもりなんてさらさらないが、大衆の価値観や認識を無視することもできない。青春って、こういうジレンマが多いよな。」

★「自分にとっての青春が何か、見つけるのも人によっては難しいよね。好きなとかやりたいことも、見つけられない人が沢山いる。でも、皆欲しがってる。そういうものを見つけたり、実際にする環境や機会を作り出すのが、青春Worldsの役目。まだまだ遠い道のりだけど、良い夢だと思うよ。人生を懸けるのに値するくらいのね。」

☆「もし例えば普通の会社で働いて、年収が600万円くらいあったら、この夢を追ってるだろうか。ただ楽しいだけなら、趣味でやっていけばいいかなって、思ったかもな。」

★「生活も大事なのは確か。だからこそ、生活が保障されている十代・学生が青春しやすいってのも確か。だけど、このままでいいって思ってる大人が少ないのも確か。考えれば考える程、やっぱり大人でも青春することって、凄く大事なことだと思う。」

☆「大人になって、この時代になって、色んな人達と関わるようになって気づいた。何となく、閉塞感が凄いってことに。がんじがらめっていうかさ。あれもダメこれもダメ。あれもできないこれもできない。そんなんばっかじゃね?息が詰まる。そんな毎日を過ごして歳を取っていくなんて、絶対にあっちゃいけないことだと思うぜ。」

★「理想はね。でも現実は厳しくて、誰もが夢を叶えられるわけじゃないし、努力しても願っても、報われるとは限らない。手遅れの人もいる。自分を見失った人もいる。全てを諦めた人もいる。そんな人達に「青春しようぜ」なんて言っても届かない。」

☆「結局、青春してもらう為にできることって、こういう情報発信しかないのか?いくら知識を得ても、実際に行動できなかったら何も変わらない。変わる為の行動ができる人だって、実際にはそう多くないはず。青春する為の環境や機会を提供したところで、傍観者でい続ける人も多い。人はそう簡単に変われない。」

★「だからと言って諦めたら、それこそ何も変わらないよ。青春Worldsの活動は、太平洋の海に小石を投げ込むようなささいなことかもしれない。無駄なことかもしれない。でもやらないよりやった方が、変わる可能性は高くなるんだ。」

☆「理屈では分かっているけどな。現実、青春してもらう為にできることも手探り状態で、マネタイズ(※収益性を生むシステム作り)も構想段階だからな。普通の生活を送って普通の幸せを手に入れる方がいいんじゃないかって誘惑に負けそうな時もある。」

★「普通の生活を送るって選択肢も、もちろんあるよ。だけど、分かってるよね?このままじゃ未来には惨劇が待ち構えてるってことを。」

☆「そうだった(笑)。結局、後戻りしたところで崖っぷち的な?逃げ道なしだな・・。だがそれがいい。」

★「ほら、行くよ。可愛くて若くて元気で無邪気な女の子と同棲するんでしょ?(笑)それもいいと思う。でも、それだけじゃダメだからね。恋愛以外でも、ちゃんと青春しなきゃ!」

☆「分かってるよ。散ったら花火は咲かない。だから今を生きるんだ。ありったけの想いを込めて。」

★「さぁ、今日も小さなイチを足して行くよ!少しずつまいた種が、いつか芽を出して道標になってくれる日を信じて突き進もう!

☆「青春したい人、集まれ!(笑)」