★「相変わらず活動的だね。」

☆「スケジュールが埋まり尽くしてる!出会い多過ぎ!」

★「何でそういうことしてるの?」

☆「楽しいじゃん!色んな人と色んなことして遊ぶの。」

★「俺はもう、色んなことがどうでもいいよ。」

☆「そうか。じゃあ、おやすみ。」

★「その前に質問。何で、いつも戦ってるの?」

☆「楽しいから。」

★「それだけ?」

☆「んー。人と関わりたいから?」

★「前カノといた時も、今みたく色んな人達と関わってても、寂しいんだけど。」

☆「確かにねー。かと言って、もっと好かれてもめんどくさいよな。」

★「もっと熱くなれることしようよ。」

☆「熱いさ。最近ずっと続いてる、色んな人達との攻防戦が!」

★「寂しがり屋なだけじゃなくて?」

☆「人は皆寂しがり屋さ!」

★「じゃあ、今の生活を続けて行ったら、どうなると思う?どこに行き着く?」

☆「友達が増えて、彼女もできる。」

★「それから?」

☆「友達と遊んだり、彼女と一緒にいたりする。」

★「その生活が欲しいの?」

☆「んー。言われてみれば、別にいらないかも(笑)。」

★「改めて本音を言わせてもらうとさ、彼女だっていらないし、遊び仲間だっていらないんだよ。」

☆「じゃあ何がしたいんだよ?起業?」

★「それ以前のような気がする。曖昧な表現だけど、熱く真剣に何かに打ち込みたいんだよ。」

☆「おぉー青春っぽいぞ!」

★「もう何年も前から、心の底ではそう思ってたんだと思う。それが起業でもあるんだけど、もっと普段の生活レベルでも何か欲しい。」

☆「この熱い攻防戦じゃダメなのか?」

★「感動がないし、大した思い出にならない。」

☆「はは!でも俺はやめないぜ!このまま暴れるぜ!」

★「・・・。」

☆「俺思ったんだけどさ、俺達、真剣に頑張ったこと、最近あんまないよな。」

★「うん。気持ちが足りないんだろうね。」

☆「真剣に目の前のことに取り組む習慣をつけようか!」

★「そうだね。もっと色んなコンテンツを作っていかないと。」

☆「お前はすぐ仕事の話だな。もっとプライベートなことで真剣になってみてもいいじゃねーか!」

★「それは任せた(笑)。」

☆「え?いいの?攻防戦しかしないぜ俺(笑)。」

★「その代わり、ちゃんと真剣に戦ってね。確かに攻防戦も、今しかできないことの1つだと思うから。」

☆「おうよ!人脈を拡げたり人と関わることも、勉強や夢の実現の為には大切だからな!」

★「そうだね。そっちはお前主体で任せるよ。」

☆「じゃあ、お前はどうするんだよ?」

★「俺はコンテンツ制作とか、自分も含めた人の研究を主に頑張るよ。」

☆「へー。楽しそう。」

★「やりたいことやろう。楽しくなきゃ、続かないから。」

☆「これで思いっきり暴れられるぜ!」

★「俺も頑張るよ。」

☆★「せーの!」
☆★「よーい!どん!」