★嫌な仕事を生活の為に仕方なく続ける毎日。そんな仕事始めの月曜日の憂鬱を解消する為の方法はあるかな?

☆答えは簡単さ。自分にご褒美を与えるのさ。

★ご褒美?美味しい物を食べるとか?

☆それでもいいし、旅行とか、欲しい物を買うのもいい。ご褒美を与える為には、お金が必要になる場合が多い。そのお金を稼ぐ為には、働く必要がある。だから働くのが、少しは嫌々じゃなくなる。

★なるほど。働く意味を、自分が喜ぶことにするってことね。

☆そう。できれば、大金を使う方が良い。車を買うとか、家を建てるとか、海外旅行に行くとか。頑張って働いた甲斐があったって思えるからな。またこれからも頑張ろうって気になるだろ!

★どうかなー。人によっては、楽しい旅行の後に現実に戻るのが、落差がある分辛いかもよ?家を建てたり車を買っても、ローンを背負うプレッシャーになるかも。

☆そんなこと言う奴は、どんな状況でも文句を連発する奴だ。

★てことは、前向きに物事を捉える思考が必要ってことかもね。

☆だからこそ、家族を持つことも大切なのかもな。働いてお給料がもらえるおかげで、家族が暮らしていける。自分の為だけに働くよりも、大切な誰かの為に働く方が、仕事もやりがいがあるってもんだ。

★自分へのご褒美と、大切な誰かの為の収入。この2つの為に働いてるって考えれば、少しは前向きに働けるかも。

☆でも、それだけじゃダメだ。仕事を嫌々することに変わりはない。仕事自体も根底から変えなければいけない。

★そうだね。職場を改善するとか、責任者になるとか、責任者に改善提案するとか、方法はいくらでもある。夢を叶える為に今は我慢するって考えもアリだと思う。

☆全てに共通するのは、理想の未来を思い描いて、そこに向かって行くこと。望まない現状がいつまでも続くと思うと、毎日働くのが憂鬱になる。希望を持って生きていかなきゃな!

★うん。希望が一番のキーワードだね。希望がないと、楽しく生きれられるわけがない!

☆というわけで、今回の議題である月曜日の憂鬱に対する解は、希望を持って生きよう!に決定!

★異議なし!楽しみなことがあれば、毎日楽しく生きられる。希望を持って生きる人が増えれば、世界は変わる!

☆その為にも、青春しようぜ!一歩を踏み出すんだ!

 

終わり。