☆「久々来ました!最近出番なさ過ぎじゃね?俺ら。」

★「人気ないんじゃない?(笑)」

☆「脱がぬなら、脱がせてみせよう、ホトトギス。」

★「アセッて面白いこと言おうとして滑りました~。タイトルを意識してね。」

☆「土日休みか。憧れの週休二日制!」

★「いいよねー。土日祝日休みの人と比べたら、年間労働日数40日くらい多く働いてるからね。」

☆「今は休みさえあればやりたいことだらけだからな。」

★「例えば?」

☆「コンテンツ制作。起業準備。ライン。青春の研究。3月からはジム通い。パーティー。デート。とか。」

★「確かに。社員って、出勤しなくても月給が変わらないのが良いよね。」

☆「夢は独立だけど、まずは副業として収益を出さないとな。休みも給料もいっぱい欲しい!」

★「でもさ、休みたいと思いながらする仕事って、どうよ?」

☆「だって、したくもないことを生活の為にしょうがなくやってるわけだし、当然じゃん。」

★「本当に好きな仕事をしていたら、休みがどうとか考えないと思うんだよね。やっぱ理想としては、朝起きて「さぁ今日も楽しい仕事の始まりだ!」って気持ちでいたいな。」

☆「朝は好きな時間に起きたい。夜は好きな時間まで起きてたい。」

★「人の話聞いてる?ぐうたらしたいんじゃなくて、本当に好きなことを仕事にできたら、幸せって言ってんの!」

☆「確かにそれは最高だけどさ。本当に独立なんてできるのかなー?全然そんな感じしないよ。」

★「まぁ、難しいだろうね。簡単にできることじゃない。」

☆「だったら、土日休みの会社に転職するとか?楽しい仕事できるかもしれないし。」

★「転職かー。でも給料そんなに変わんないよ。」

☆「今回は、土日休みとはってテーマだから、転職も方法の一つだ。」

★「そんな回り道せずに、今の社員の仕事をしながら、独立を目指そうよ。そしたら、場合によっては土日休みどころか、好きな時に働いて好きな時に休めるよ。」

☆「好きな時に休む、か。そしたら色んな女の子とデートできる!」

★「またそれか!真面目に考えろ!」

☆「いやー大事だよ。平日に遊ぶ背徳感って最高!」

★「でもほとんどの人達は、生活の為に嫌な仕事を我慢してやってるんだよね。それだけ、好きなことを仕事にしていくのは難しいってことなんだろうな。」

☆「土日休みで、福利厚生がしっかりしてて、それなりの給料もらえてたら、起業なんて考えなかっただろうな。」

★「多分ね。それはそれで幸せだし、安定も大切だと思う。でも、もうこうなったもんはしょうがない!(笑)ここまで来たら、もう前に進むしかないんだよ。」

☆「逃げようたって、いつでも絶壁~♪ってか?」

★「はーいすーいのじーん♪」

☆「忘れえぬは~ただ~霞む面影~♪」

★「日々~恐れよりも~冷めぬ熱を~♪」

☆「超絶!」

★「持って~♪」

☆「灼熱!」

★「時代に食らいつけ!」

☆「咲き誇れ、億千のてっぺんに♪」

★「儚く、生きる、その気高さよ~♪」

 

☆「あー楽し!やっぱ夢を追うのって楽しいなぁ!」

★「結局、土日休みがいいっていうのは、嫌な仕事をしてる人の願望なのかもね。」

☆「本当に楽しいと思える仕事してたら、休みが欲しいって思わないのかも。」

★「うん。その理想に辿り着こう!」

☆「がってん!うぉぉぉおおおー!!あーばれるぜぇぇぇえええー!!うぉりゃぁぁぁああ!!くそったれぇぇぇええ!!」