☆「おぉ!なんて素晴らしいタイトル!」

★「詐欺臭ハンパないね(笑)。」

☆「何言ってる!さぁ!全知能を結集して、可愛い子と出会う為の作戦を伝授したまへ!」

★「いや、知らんし。いつものように考えながら記事を書き進めていこうって魂胆だよ(笑)。」

☆「可愛い子か。こうして漢字にしてみると、愛することが可能な子って意味になる。つまり、可愛くないと愛せないってこと!うんうん!分かる分かる!」

★「可愛い→愛される→良い人格になる→魅力的になる。という最高の循環になるのだろうか。でも一方で、可愛い子は性格が悪いって印象を持ってる人もいるよ。」

☆「見た目だけ良くても人間性が悪いと、なぜか見た目の評価も下がるような・・。」

★「タイプもあるからね。友達から見たら可愛い子でも、自分から見たら普通だったり、その逆もしかり。」

☆「本人が可愛いって思えば可愛い子なんだよなー。そういう意味では、可愛い子の定義が曖昧だ。」

★「人それぞれの評価を考えたらキリがないから、自分目線での可愛い子を対象に話を進めていこう。」

☆「そんなこと言ったら、可愛い子だらけだぞ(笑)。でもさー、よく見るとそうでもない子が多いかも。2回以上会うと、やっぱそんなに大したことないなーって思うことが多い。」

★「んー。まぁ最初は、出会えたこと自体の喜びもあるからね。あと、夜とか酔っぱらってる時は可愛く見えやすい。」

☆「ということは、可愛いと思える子と出会うには、夜に酔っぱらった状態でいられる場所ってこと?キャバクラじゃねーか!」

★「化粧が濃いと、基本的には可愛く見えるからな。一般的には、ギャルの需要は高い。夜・酔っ払い・濃い化粧・・・キャバクラじゃねーか!」

☆「可愛い子と出会いたい皆!キャバクラに行こう!\(^O^)/」

★「いやいやいや!それはそういう店だから!出会いの内かもしれないけど、それじゃほとんどの男たちはカモにされるのがオチさ。もっと普通の健全な出会いがあるでしょ!」

☆「まぁ確かに、お金かかりそう。普通の出会いかー。街コン?相席屋?出会い系サイト?」

★「そんなんで可愛い子と出会えたら、苦労しないと思う。ま、中には可愛い子もいるんだろうけど。」

☆「あとさ、可愛い子はモテるから、自然と彼氏持ちの確率も高くなるよな。」

★「まぁね。だからこそ、可愛い子を見つけたら勇気を出してアプローチをかけなきゃ。」

☆「人が集まる場所で可愛い子を探して、見つけたら片っ端から声をかけていくのが一番効率が良い気がする。お金もかからないし。」

★「肉食系で周りを気にしない人なら良いかもね。でも今の時代、そういうことができる人は少ないよ。しかもめんどくさいし。」

☆「じゃあ結局、どうすれば可愛い子と出会えるんだよ!?」

★「街コンは、大概ロクな奴が来ない上にお金がかかる。出会い系は知らないけど、そんなんで可愛い子が捕まるとは思えない。相席屋も、街コンと同じようなものだと思う。」

☆「あ!可愛い子と出会える場所、見つけた!芸能界!(笑)」

★「確かに、可愛い子ばかりだね。でも、それこそほとんどの人は入れない世界だから。」

☆「残念!結果、可愛い子と出会えるって熱い場所はないのかもしれないな。」

★「人間関係を広くして、可愛い子を見つけられる確率を上げるのが良いかな。そして可愛い子に気に入ってもらえるように自分の魅力も高めていこう。」

☆「結局、明確な答えなしか。まぁ、答えが分かってても教えないけどな!(笑)」