★「つーかまえた!」

☆「えー!まさかの2話ぶち抜き!?(笑)」

★「答えが出てないのに討論を終わらせることは許さない。」

☆「粘着質!お前、モテないだろ(笑)。」

★「どうでもいいわ!(笑)ほら、ちゃんと話し合って答えを出そうよ。」

☆「何について?」

★「純愛とチャラ男と、どっちが青春か。」

☆「どうでもいいわ!(笑)そりゃ、世間一般的には純愛が青春だろーよ。だから、ちゃんと好きな人ができたら純愛になるって!」

★「いーや、なれないね。てかむしろ、彼女ができてもフリーのふりをしそうだ。」

☆「ギ、ギクゥ!!ははは。そんなバカな。だってさ、想像だけど、サイサイのすぅと付き合えたら、他の女なんて眼中になくなるはず。そうだろ?」

★「どうかな?関係なさそうだけど。」

☆「てかチャラ男って言う程、何もしてないし!性別関係なく仲良くしてるだけ!友達だよ友達。これだから堅い奴は・・。異性が仲良くしてると、すぐに恋愛だと勘違いしやがる。」

★「はぁー。言い訳だけは立派だな。あのね、彼女ができるだけでも、相当なコストがかかるの。お金はまだいいよ。でも時間的コストはシビアに考えていくべき。やるべきことが全然できなくなれば、理想の未来を創ることはできないよ。」

☆「人と時間を共有することは大事だ。恋人を作らなかったり、恋愛をしないのは寂し過ぎるだろ。ただひたすら勉強や起業準備ばかりしてるような毎日、俺はごめんだね。」

★「極論じゃなくていい。やるべきこともやって、遊ぶ時間も確保すればいい。フリーなら、確かに何やってもいいよ。でもね、それを言い訳にしてチャラチャラしてるのと、ちゃんと好きな人を見つけようとしてるのとは大違い。」

☆「好きな人ねぇ・・。真面目に考えると、見た目より大切なことは沢山あるよな。見た目が良い人は、感情的というか、直感的には惹かれるけど。飽きるのも早い気がする。ほら、美人は三日で飽きるって言うし。」

★「見た目は、ある程度以上の年齢になると、必ず劣化する。本当に愛し続けられる関係は、時間が経っても変わらない部分を愛せてるかどうか、だと思う。」

☆「良いこと言う!(笑)人間性とか?個性とか?価値観?」

★「多分、そんな感じ。どういう時間を過ごしたか、も。絆も大事。」

☆「見た目は時間が経つと劣化するって言ったけど、それなら次々と若い子に乗り換え続ければ、ずっと可愛い子と一緒にいられるってことじゃん?(笑)」

★「あのね、自分も劣化するの!(笑)いつまでもモテると思うな!誰にも相手にされない状況になってから真剣に恋愛しようと思っても、遅いんだからね!」

☆「あー嫌だ。歳取りたくない(笑)。ずっと現役でいたいよー!」

★「ダメだこりゃ。もう結婚諦めたら?(笑)」

☆「え?言われなくてもとっくに諦めてますけど何か?」

★「うわ最悪・・。孤独死確定フラグ・・。」

☆「てか最近の30代は綺麗な人多いから、まだまだ現役でいけるよ。40歳まではモテるかも!」

★「もう、負けたかも(笑)。あきれた・・。」

☆「良いこと思いついた!サイサイのすぅみたいに、超可愛くて魅力的な人を見つけよう!それなら自然と純愛できるはず!他の女には目もくれずに!なっ!良いアイディアだろ?」

★「そうですね。」

☆「あれ?やる気なくなっちゃった?(笑)」

★「とりあえず、好きな人ができるまでは好き勝手やっていいよ。言っても無駄だろうし(笑)。」

☆「っしゃぁあ!あーばれるぜぇぇえー!!」

★「でも純愛が青春ってのは譲れないよ?」

☆「あぁ。それはそれでいいぜ。」

★「だから、お前がやってることは青春ではない。」

☆「僕には・・今しかないんだ。」

★「ウォーターボーイズ風に行ってもダメ!」

☆「こんな俺でも純愛できるようなかわいこちゃんと出会えて、両想いになれますように。」

★「見た目が全てか!低レベル!」

☆「イタズラ大好き♡」

★「もう疲れた・・。その情熱と行動力を、是非とも起業準備やコンテンツ制作にそそいで欲しいわ。」

☆「楽しさや見返りがあれば、ね!」

★「考えておきます(笑)。」