ちはやふる

上の句がとても良かったので、
すぐに下の句もレンタルして観てみた。

簡単に言うと、仲間と団結する大切さを、
強く感じることができる内容だった。

利他の大切さっていうのかな。

利他っていうのは、利己の反対。

自分が犠牲を払ったり、負担してでも、
他人の為に何かをすること。

自分だけが良いだけじゃダメで、
皆が喜べる何かをしようって、
思いながら行動していくこと。

そうすると、他人も自分に、
何かを与えようとしてくれる。

他人が他人の為に頑張ったり、
何かを与え合えるようになれば、
きっと世界はもっと良くなる。

優しさや思いやりって、凄く暖かい。

そういう暖かい感情を、与え合える世界は、
幸せに満ち溢れてるはずだから。

 

仲間の大切さっていうのは、
色んなところで感じることができる。

ちはやふるでは、団体戦で勝つ為に、
自分が何とかしなきゃって、
頑張る人がいる。

でもそれは、1人で頑張るということ。

次第に周りが見えなくなって、
視野が狭くなる。頑なになる。

本当は周りの大切な人達の為に、
一生懸命頑張ってたはずなのに、
1人になってしまう不器用さ。

周りに迷惑や心配を掛けたくない。
そう思う時もあるけど。

仲間から見たら、もっと頼って欲しい。

1人で頑張るより、皆で力を合わせた方が、
できることが多くなるから。
できないこともできるようになるから。

それに何より、
仲間と一緒の方が、楽しいから。

 

周りから無理だと言われても、
ひたすら積み上げた努力が、
花開く瞬間が来る。

凄く感動するよ。

無駄だと言われても、諦めない。

勝ちたいから努力する。ただそれだけ。

これぞまさに青春だね。

 

誰かが誰かに伝えた情熱が、
周りに連鎖していく。

消えそうな情熱に、再び火を灯す。

何かをする理由は、1つじゃなくていい。

心が熱く、高ぶることを、やり続けよう。

がむしゃらに突き進んで、
無邪気に楽しんでる姿は、
とても輝いて見えるから。

 

どんなに劣勢でも、
気持ちだけは負けちゃいけない。

どんな状況でも、やれることは必ずある。

大切なのは、どれだけ真剣になれるか。

全力を尽くせたなら、
他人に負けたっていい。

でも自分にだけは負けるな。

 

「ちはやふる」は、一点に力を集中し、
安定しながらも強い力を発揮してる状態。

何となく、覚醒状態って感じがする。

ちはやふるに辿り着く為には、
努力の量と情熱の強さが必要。

それは、何をするにも共通して言えること。

勝ちたいなら、前に進みたいなら、
努力を積み重ねていくしかない。

 

静かに、おごそかに、強く美しく。

自分にとっての青春を突き進もう。

あくなき努力の継続と、
内に秘めた思いの強さを持って。

 

関連記事⇒ちはやふる(上の句)

ちはやふる