15年以上も親友の貴ちゃんが、
ある日から音信不通になった。

グループラインに、
最後の既読がついたのは、
2017年10月4日。

連絡をスルーちがちな人だから、
いつものことだとほっといていた。

しかし、2018年になってから、
電話をかけてみると、
「現在使われておりません」
というアナウンスが聞こえてきた。

友達の間で、色んな憶測が飛び交った。

ケータイを失くしたのか、
落ち込んでいるのか、
データを移さずにケータイを替えたのか、
俺達と決別すると決めたのか。

ただ既読スルーするだけなら、
ほっとこうと思っていたけど。

ケータイも繋がらない音信不通なら、
また話は変わってくる。

 

ということで、友達と2人で、
貴ちゃん探しの旅に出た。

2018年5月13日(日)。天気は大雨。

家から2時間かけて、
貴ちゃんが住むアパートに向かった。

といっても、遊ぶ時はいつも、
俺の地元に来てもらってたから、
貴ちゃんのアパートに行くのは2年ぶり。

住所も分からなかったから、
2年前の記憶を頼りに探した。

 

歩き回っても見つからず、
結局、他の友達から住所を教えてもらって、
辿り着いたけど、貴ちゃんの車はない。

部屋には誰かが住んでいるけど、
電気も消えてるし、いないみたい。

ということで、次の作戦。

貴ちゃんの実家に訪問する為に、
1時間かけて、来た道を戻る。

 

実家に到着して呼び鈴を鳴らすと、
貴ちゃんの母親が出迎えてくれた。

「貴ちゃんが音信不通だから心配で、
今探しているところです。」

そう伝えると、貴ちゃんの母親は、
困惑した表情で言葉を詰まらせた。

重い沈黙が流れた後に出た一言は、

「亡くなった」だった。

 

続く。