青春同好会の名の元、
フットサルチームを作って、
毎週プレイしてるわけだけど。

最低でも8人いないと、
フットサルはできない。

公式のフットサルは、
5対5の10人で試合をする。

3対3の6人で試合をすると、
キーパーが1人いるから、
フィールドプレイヤーは2人ずつ。

ということは、パスコースは1つ。

マンツーマンでディフェンスしていたら、
抜かれたら即キーパーと1対1。

疲れるし、人数が少ない分、
1人あたりのコートのレンタル料も、
高くなってしまう。

なので、フットサルの試合は、
4対4の8人が最低人数となる。

 

現在、自分のフットサルチームは、
12人のメンバーがいる。

ということは、5人不参加の時点で、
試合ができなくなってしまう。

実際、人数が集まらないから、
フットサルができない時があった。

 

でも、大好きなフットサルを、
最低でも週1回以上、
できれば週2回やりたい!

ということで、
とあるサークルの募集掲示板に、
メンバー募集要項を書き込んだ。

募集対象は、サッカー未経験者の男性。

どんなもんかなと、
期待し過ぎず、しなさ過ぎず、
反応を待ってみた。

 

だけど、書き込んでから3日経っても、
閲覧数は、たったの2人。

どうせ誰も寄って来ないって、
諦めていたけど、
ある人から参加申請が来た。

その人は、地元に住む、30代のSさん。

色々質問されたので、答えていった。

そしてあさって、
青春同好会のフットサルに、
参加してくれることになった。

 

今までのフットサルメンバーは、
メンバーの友達や知り合いで、
誰かしら知ってる人だけだった。

でも今回は、誰も知らない人が、
青春同好会に参加する形になった。

これは、ある意味凄いこと。

大多数の人達は、
いくらフットサルが好きでも、
いきなり知らない人達の輪の中に、
飛び込もうとは思わない。

不安だし、勇気が出ない。

でも、このSさんは、
自分が全く知らない輪の中に、
たった1人で飛び込んできた。

その勇気ある一歩は、
多くの人達が見習うべきこと。

あらゆる可能性を拡げる、
青春するチャンスを掴む行動。

 

彼は、どんな気持ちで、
見知らぬ人達の輪の中に、
飛び込むことを決意したんだろう。

同好会メンバーもSさんも、
お互いが、顔も性格も知らない同士。

Sさんからしたら、完全に新世界。

ただ1つ、確実に言えることは、
Sさんは、青春したがってるということ。

だから俺は、精一杯の誠意を込めて、
Sさんと一緒にフットサルをする日を、
良い日にしていきたい。

青春したがってる大人は、
全員俺の同志だからさ。

新しい仲間が増えるチャンスでもある。

だからこそ、Sさんの勇気ある決断を、
正解にしてあげたい。

だからあさってのフットサルは、
俺にとっては、ある意味試練の日。

青春の先生として、
青春したがってるSさんに、
青春させることができるか。

青春の先生としての、
真価が問われる時だ。