今の部屋で一人暮らしを始めて、
もうすぐ6年経つ。

色んな人が来て、色んなことがあって、
沢山の想い出が溢れている場所。

良いことも悪いことも、
どうでもいいことも沢山あった。

今でも思い出せることもあれば、
今では思い出せないこともある。

気づけば28歳から34歳の現在まで、
とても長い時間をここで過ごしていた。

この部屋での暮らしを振り返った時に、
真っ先に頭に浮かぶのは、
4年付き合って、
2年前に別れた元カノのこと。

たまには、こんな話もしてみよう。

 

彼女は5歳下で、変な人だった。

良く言えば面白い人で、
悪く言えば自己中極まりない人。

不器用で感情的で、頭悪くて、
何やらせてもダメで、
楽しいことをするのが大好きだった。

職場も同じなのに、ほぼ毎日会ってて、
ずっと一緒にいたような気がする。

4年付き合ってて毎日会ってたから、
週1で会ってるカップルに換算すると、
28年分一緒にいたことになる(笑)。

そこまで一緒にいると新鮮さなんてないし、
お互い自然体でいられた。

 

過去の話を振り返りたいわけじゃない。

もうとっくに振り切れてるし、
思い出せないことも多いし、
別れて正解だと思ってる。

それでも、今でも、
自分の中で何かが足りない気がするのは、
今も住んでるこの場所に、
いつもいた人がいないせいかもしれない。

 

朝になれば太陽が昇って、
夜になれば星が輝くように。

いつも一緒にいるのが当たり前で、
一緒に笑ったり遊んだりした人が、
今はもういない違和感。

それは2年経った今でも、
心のどこかに残ってる。

 

続く。