仕事終わってケータイ見たら、
父親が心不全で緊急入院したと、
妹から連絡が入ってた。

何年も前から心臓が悪いのは分かっていて、
医者から手術を勧められていたのに、
ビビッて放置した結果がこれだ(笑)。

まぁ人間なんて、そんなもんだよね。

実際に痛くなったり、困らないと、
解決方法を実行しない。

リスクやコストが高ければ、
余計に知らんぷりしたくなる。

気持ちは分かるけどさ。

 

心も身体も、とっくに親離れしていて、
年に2~3回くらいしか会わないから、
入院したと聞いても、
そんなに実感なかった。

危なければ呼ばれるだろうし、
まだ59歳だから大丈夫って思ってる。

冷たいとか、楽観的過ぎるって、
思われるかもしれないけど。

本当に危ないとは思えなくて。

 

そんな風に考えていたら、父親から、
「お母さんのこと頼むね」
なんてラインが入ったもんだから、
家族全員びっくりしちゃって、
深夜0時に緊急お見舞い。

会ってみたら、思ってたよりは大丈夫そう。

握手を求められて、頭をなでられた(笑)。

ちなみに、妹2人も同じことされてた。

いつもなら嫌がるのに、
こういう時は大人しく従う子供達(笑)。

弱ってる人には優しくなるよね。

 

 

凄く当たり前のことだけど、
命あるものは皆、いつか死ぬ。

避けたくて、考えたくないから、
気づかないふりしてるだけ。

でも不幸は、ある日突然、
自分や周りの人達に降り立つ。

そうなってから後悔しても遅い。

「ああしとけば良かった」とか、
後から思っても、時間は戻らない。

今この瞬間は、二度と訪れないから。

 

どうせいつか死ぬんだから、
やりたいことをどんどんやらなきゃ、
人生もったいない。

リスクが高くても、可能性が低くても、
怖がる必要なんてない。

終わりがあるからこそ、
一生懸命生きていける。

幸せで楽しい人生をデザインしよう。
自らの手で。

さぁ、青春しようぜ。