2015年11月24日。

元カノと別れて9日経過。

元カノの荷物をまとめて7日経過。

荷物1

まだ取りに来ない。

あのさぁ・・・

料理できんわ!!

洗い物もできんわ!!

荷物取りに来ても会わずに済むように、キッチンにまとめて置いといた。

でもまさか一週間も取りに来ないとは。

一体、あいつは何を考えてるんだろ?

単純にめんどくさいだけ?

ひたすら忙し過ぎるだけ?

 

新しい日々

もうとっくに失恋の傷は癒えた。

むしろ一人が楽し過ぎる。

この先どうなるのかなって、ワクワクしてる。

別にもう彼女ができなくてもいいって心境。

新しい恋愛をしたいとも思わない。

それは、仲間達がいてくれるおかげ。

夢を追っているおかげ。

だから楽しくて、没頭できる。

 

もし、今暇だったら、辛い思いをしてたかもしれない。

寂しい思いをしてたかもしれない。

でも、実際はそうなってない。

別れた直後は、とてもネガティブで落ち込んだ。

「これからずっと孤独な毎日か」

「何を楽しみに生きていけばいいんだろ」

「俺ってそんなに魅力ない人間だったんだ」

なんてことばかり考えて、

独り暗い部屋で何時間も寝転がってた。

 

でも一週間以上経った今。

逆に「付き合ってた頃には戻りたくない」って思ってる。

毎日、自分を押し殺す日々。

わがままを許さなければいけない日々。

一緒にいるのに、独りでいるより寂しい日々。

言葉では「好き」と言われながら、他人のようなやりとり。

1年9ヵ月もHしなかった。

「性欲ないから」の一言で、片付けられた。

毎日俺が料理を作った。

何かを与えても、それは彼女にとって当たり前で。

俺は何ももらえなかった。

 

独りになるのが地獄じゃなかった。

彼女と一緒にいるのが地獄だった。

その時は気づけなかった。

大げさに言えば、洗脳されてたのかもしれない。

4年も付き合ってたせいか、完全に依存していた。

 

新しい日々は、とても自由で、希望に溢れている。

本当の意味での自由。自分が自分らしく生きられる自由。

自分の人生を、自分で歩いていく毎日。

そんなことが、とても新鮮で、嬉しい。

 

決着の日を待ちわびる

だけど、まだ終わってない。

元カノの荷物が俺の部屋にある限り、

関係を断絶することはできない。

「いつ引き取りに来るんだろ?」

「ライン来るかな?」

「来たら、何か話しかけられるかな?」

とか、色々考える時がある。

 

荷物がなくなれば、もう完全に他人になれる。

ラインの繋がりも削除できる。

待つことがなくなる。

そうすれば、元カノとの関係を断絶できる。

俺は完全に、新しい自由な世界へ羽ばたける。

 

早く来て。本当の終わりの日