約7年間勤めた会社を、ついに退職する。

入社した時は、28歳になりたてて、
退職する今は、35歳になりたて。

とても長い間、所属していた。

色んなものを得て、色んなものを失った。

その1つ1つに、心から感謝するよ。

 

 

退職というよりは、卒業っぽい感覚。

学校の卒業と違って、自分だけだけど、
やっと進むべき道へ向かえるから、
とても嬉しいし、前向きな気持ち。

何をどう考えても、
もうここにはいれなくて。

可能性とか希望を、捨て切れなくて。

理想の未来へ向かって、
今を駆け抜けると決めた。

何もかも揃ってないような気もするし、
何もかも揃ってるような気もする。

決意ひとつで、人は進める。

そう思うと、身体と心が、
血が通っているのが分かるほど、
暖かく、心地良い。

 

あんなに文句ばかり言って、
不満しかなかった会社。

でも、終わってみればなぜか、
皆の暖かい笑顔ばかり思い浮かんで、
良い思い出しかなかったような気になる。

退職が現実になると、寂しい気持ちもある。

人生の1人旅が始まるようで、
前しか見ちゃいけないと分かっていても、
たまには後ろを振り返りたくなる。

そこにはもう、何もなくても。

 

今までいた場所が終わり、
これからの新しい世界が始まる。

終わりと始まりの狭間。

青春のファンファーレが鳴り響く。

ここから未来が変わる。

 

正社員としての仕事を辞めて、
フリーランスとして起業して、
世界に戦いを挑んだり、
自由に好きなことをしていくことは、
正しいのか間違っているのか、
まだ分からない。

でも、きっとうまくいく。

今はまだ出会えてない、沢山の同志達が、
どこかで青春の芽を育んでいる。

そんな無数の点が、いつか線となり、
繋がって輝き出すと信じてる。

そんな未来を、俺は選んだ。

 

希望

仲間と熱い今を駆け抜け、
希望と感動を巻き起こす!!

さぁ!強固な意志を胸に秘め、
ひたすら青春しまくってやるぜ!!