フットサルを始めて7ヶ月。

少しずつ慣れてきて、
少しずつ現役時代に戻れてるかも。

実力は、まだまだだけど。

てか、34歳が15歳のレベルに戻るなんて、
そもそも難しいことだけど。

もっと巧くなって、活躍したい。

そう思うようになってきた。

 

青春同好会としてのフットサルは、
初心者だらけで、
勝つことや巧くなることよりも、
楽しく青春することを最優先にしている。

でも、最近なんだか楽しさが減ってる。

それはきっと、自分が変わったから。

ただ楽しく盛り上がるよりも、
上を目指していきたいと思うようになった。

楽しく笑い合って、
皆で盛り上がってスポーツをするのも、
確かに凄く良いんだけど。

頑張って活躍して得られる喜びもある。

できなかったことができるようになったり、
チームの為に貢献するのは、
スポーツ全般に通じる最高の楽しさ。

何の為にするのか、何を重視するのかは、
個人の自由。

自分の心のままに、好きにプレイするのが、
一番大切で、良いことだと思う。

 

もっと巧くなりたい。

誰かや試合に勝ちたいとか、
優越感を味わいたいとか、
自慢したいとかじゃなくて。

ただ純粋な向上心として、
もっとフットサルの実力を、
高めていきたいと思う。

その為には、今のチームみたいに、
ただ楽しいだけじゃダメだと思う。

スポーツをプレイする環境は大事。

弱いチームにいるよりも、
強いチームにいた方が、
確実にレベルアップできる。

最近、色んなチームに参加して、
色んな人達とプレイして、そう思った。

満足したり、これでいいって思ったら、
成長しなかったり、成長が遅れたりする。

パスが通ったり、ドリブルで抜けたり、
シュートが入れば、それで良しになる。

それが逆だった場合、
なぜダメだったか、考えてみる。

そして、次はこうしてみようとか、
この技術を磨こうとか思って、
次のステップに上がることができる。

フットサルはチームスポーツだから、
自分一人だけで
全てが変わるわけじゃないけど。

もっと高みに昇りたいって、
心が強く思ってる。