フットサル

俺が所属しているフットサルチームは、
巧くなることや勝つことよりも、
青春することを最優先している。

例えるなら、学校の昼休みみたいな感じ。

初心者を沢山迎え入れて、
経験者は初心者に合わせてプレイしている。

経験者だらけで上を目指してるチームは、
地元浜松市でも沢山あるけど、
初心者専門のチームは、
数えるくらいしかない。

その少ない初心者専門チームも、
ほとんどが人数不足で、
月イチ開催を余儀なくされてる。

そんな中、俺のチームは、
毎週同チーム内で紅白戦を行っている。

出席率が高く、初めて参加した人も、
そのまま継続して参加してくれてる。

チーム運営としては順調で、
このまま人数も増え続けると思う。

 

でも最近迷ってるのは、
こんな風に手加減し続けるフットサルが、
果たして本当に楽しいのかどうか。

前にフットサル教室に参加して、
アグレミーナ浜松の選手と、
初心者に交じってフットサルをした時にも、
同じようなことを思った。

初心者はミスしても責められないし、
楽しく笑い合いながらプレイできる。

それはとても素晴らしいことだけど。

自分自身の気持ちは、
どうなんだろうって思った。

 

皆がフィールドでプレイしたがるから、
あえて長時間キーパーをしたりとか。

相手がドリブルを仕掛けてきた時に、
あえて抜かせてあげたりとか。

ここでシュートを打てば入るけど、
あえて味方にパスしてあげたりとか。

そんなんで、自分自身が、
ちゃんと楽しめてるかなって、
迷ったり考えたりするようになった。

 

youtubeで巧い人達のプレイを見ていると、
凄いなって思うし、憧れるし、
自分もああなりたいって思う。

自分の現役時代を思い出してみても、
巧くなって活躍することが、
何より楽しかった。

それもあって今は、
皆とフットサルをするより、
個人練習をしたいって思う。

練習しなきゃ巧くなれないから。

試合形式も巧くなれるし、
試合形式でしか経験できないことも、
勿論沢山あるけどね。

ストイックに練習して、上達して、
もっと活躍できるようになりたい。

何かを目指すわけじゃないけど、
純粋に、そう思うから、そうしたい。