久しぶりに、街コンのスタッフとして働いた。

大勢集まって、緊張したし、新鮮だった。

相方のスタッフも良い人で、仲良くなれた。

沢山褒められた。喜んでもらえた。

自分なりに頑張れた。

勿論、完璧とは言えない内容だったけど。

良い時間を過ごして、良い思い出を作れた。

 

俺はまだ、人の表面ばかり気にしてる。

他人を見下す癖は、ちゃんと直ったけど。

恋愛だって、見た目でばかり判断してる。

本当の魅力や価値は、
人間性だって分かってるつもりなのに。

そんなことを考えず、浅はかな評価をしてる。

もういい歳になったっていうのに。

たまに、そんな自分が許せなくなる。

 

とても優しくて、思いやってくれる人がいる。

俺はまだ、本当の自分を隠してる。

だからふと、罪悪感に包まれる時がある。

「ごめんなさい」って、心でつぶやく。

きっとこのままだと、その人を大きく傷つける。

分かってるのに、そのまま前に進んでいく。

誰にも止められない。またいつものように。

 

優しい行動や気持ちは、とても大切。

でも時にそれは、自分をなくす。

本当は「嫌だ」って言いたい。

「そんなの求めてない」「どうだっていい」
「ほっといてよ」って言いたい。

凄く胸が苦しくなる。

本当の自分を閉じ込めて押し殺すことは、
してはいけないことだって分かってるのに。

感情を押し殺して、ふさわしい言動を選択する。

ニコニコして、フレンドリーに接して、
周りから見たら、微笑ましい状況でも、
心がとても苦しい時がある。

そんな苦しさでさえ、
無理矢理押し殺して、ないフリをする。

後で1人になった時に、自己嫌悪に陥る。

本当の自分を知ってる人なんていない。

知りたがってる人なんていない。

見せる必要なんてない。

 

1人でいる孤独感もあれば、
他人の前で取り繕う孤独感もある。

全然大人になりきれてない。未熟なまま。

一緒にいたいと思える人がいても、
一緒にいると、一緒にいたくなくなる。

邪魔って思ってしまう。
1人にさせてよって思ってしまう。

でも本当に1人にされると、それも許せなくて。

「結局どうしたいの?」
「何がしたいの?」
「何を求めてるの?」

って、前カノに言われた言葉を思い出す。

その問いに、答えられたことはなかった。

それがとても悔しかった。

でも他人のせいにし続けた。

答えを見つけて、伝えることができなかった。

失って、ただ涙を流すことしかできなかった。

 

他人に相手にされないことが許せなくて。

いつでも構って欲しくて。必要とされたくて。

外向的に活動したり、魅力を高める。

そんなことで優越感に浸って。

ちっぽけな自尊心を守る。

そんな惨めな自分を認めたくなくて。

知らないふりして、ふさわしい自分を演じるんだ。

 

だからこそ、青春に対する憧れが強い。

感情のまま、情熱のままに、
突き進みたいから。

本当の自分でいたいし、
本当の自分の気持ちが知りたい。

そう思ってる人達も多いと思うから。

 

でもね、そう思えるだけでも、
気づけるだけでも、実は幸せなこと。

思考停止になっていない、
諦めていない証拠だから。

悔しくても、悲しくても、
苦しくても、情けなくても、

自分と向き合うことから逃げたくない。

他人に負けても、自分には負けたくない。

「大丈夫だよ」「頑張れよ」って、
自分に言い聞かせる。

いつだって、きっと常に、
希望は近くにあると思うから。

そう信じなきゃ、心を強く保てないから。

どんなに嫌な感情や状況でも、
ほんの0.1%でもいいから、
自分を信じてあげたいんだ。