自分の本当の気持ちって、意外と分からない時がある。

分かってるつもりでいるから、気づきにくいのかも。

想像と現実のギャップのせいで、

「思ったより良くなかった。」

「楽しみにしてたのに大したことなかった。」

って思ったことは、誰にでもあると思う。

 

そういう時は何もせず、ひたすら自分の本当の気持ちを探すといい。

『考える』とは、似てるようで違う。

考えるのは、頭で論理的に答えを導き出すこと。

本当の気持ちは、感情。

したいこと・したくないこと。好きなこと・嫌いなこと。

そこからスタートすれば、違和感が少なくなる。

 

例として、俺の最近の行動を振り返ってみよう。

まず、色んな人達との出会いがあった。

これに対しての本当の気持ちは、したいこと・好きなこと。

人が好きだし、孤独が嫌いだから。

 

次に、その出会った人達と連絡を取り合うこと。再会すること。

これも上記と同じ理由で、本当の気持ちは、したいこと・好きなこと。

 

そしてHをする。

・・・ここで違和感発生。

したいこと・好きなことのはずなのに?

原因は?簡単だよね。

そう、本当の気持ちは、したくないこと・嫌いなことだったから。

本当の気持ちに反した行動を取ったから、違和感が心に生じた。

正確には、『その人と』したくなかった・嫌いなことだった。

これは非常に難しいケース。

なぜなら、見た目が良い人だったから。

『可愛い子とはしたいもの』

それが男としての絶対的法則だと思ってたから。

でもそれも世間の常識に過ぎなくて、自分の常識ではなかったみたい。

自分が愛情を持ってる相手なら、好きなこと・したいことになるのは間違いない。

まずは愛情からなんだ。

見た目とか、できそうかどうかは、その次の話。

あくまで、俺個人の本当の気持ちだけどね。

 

クリスマスも、1人で過ごしたくない。

でも、誰でもいいから一緒にいたいわけじゃない。

本当に寂しいのは、一緒にいたいと思える人がいないこと。

予定は、埋めようと思えば埋めれる。

誘えば会える人は2人はいるし。

最悪、夜のお店とか街コンに行けばいい(笑)。

でも、そうするくらいなら1人で普通の日として過ごすことを選ぶ。

あぁ・・・でも屈辱的!(笑)

 

本当の気持ち

彼女を作りたいわけでも、Hしたいわけでもない。

性別も年齢も関係性も問わない。

ただ人との繋がりを作りたいだけ。

その答えに辿り着いた。

それは、起業にも通じる。

いや逆かも。

人が好きで、人との繋がりを拡げて、人との絆を深めたいから起業するのかも。

 

人は、他者の中にいる自分を認識することで、自分の存在を確かめることができる。

会ったり連絡を取ったり、実際に関れば、もっと確かめることができる。

それは安心。満足感。非孤独。

 

仕事・オシャレ・勉強・ネットなど、

他者に自分を認めてもらいたくて、人は努力する。

人との繋がりに興味がない人はいない。

人と繋がりたくない人は、逃げてるだけ。自信がないだけ。

 

俺は人と繋がりを持ちたい。拡げたい。

ライン大好き(笑)。

そして関わる人たちの人生に、少しでも良い影響を与えたい。

それが本当の気持ち。