懐かしい曲を聴いていたら、昔のことを想い出した。

特に、社会人になってからの記憶を。

 

人一倍、好き勝手に生きてきたと思う。

23~27歳は、本当に自由だった。

ほとんど何も縛られてなかった。

ひたすら好きなことをやってた。

 

今は、何かやりたいことがあっても、
「明日眠いと困るから」と思い、眠る。

誰にでもできる仕事をして、
社会の歯車に組み込まれているような毎日。

「そんなんでいいのか」と思いながらも、
居心地の良さと慣性と実力のなさから、
そこに留まり続ける。

 

28歳になるまでは、将来のことなんて、
何も考えていなかった。

「30歳過ぎたら人生終わり」って思ってた。

未来には、希望も絶望もなかった。

何もなかった。

 

気が付けば32歳。もう立派な大人になった。

あの頃想像してた理想の自分には程遠いけど。

色んなものをなくして、捨ててきたけど。

それでも「自分は自分」だって。

変わらずに持ち続けてきたものもある。

 

25歳の時に、ある女と出会い、恋をした。

約1年続いた関係は、快楽に満ちていた。

まるで学生時代の夏休みみたいに、
自由奔放で楽しい時間だったけど。

それと同じかそれ以上に、
悲しくて苦しい思いも沢山した。

あんなに涙を流した時期は、他にない。

もうそんなことさえ、思い出せなくなってきたけど。

純粋で、不器用な恋だった。

 

らしくないけど「あの時ああしてたら」とか、
何となく考えてみたり、想像してみると、

大概は「これで良かった」って思える。

そう、後悔しないように、決断してきた。

でも今抱えてる、この切なくて寂しい感覚は、
何なんだろ。

何か満たされない。

本当はしたくないこともしてる。

言いたくないことも言ってる。

「それでいいの?」

 

ファッションや髪型等の見た目に、
人一倍こだわっていた。

遠くまで買い物に行ったり、
どうしたらもっとカッコよくなれるか、
そんなことばかり考えてた。

それはきっと、他人に必要とされたかったから。

皆に自分を見て欲しかったから。

だって見た目が魅力的なら、皆に好かれるから。

ただの構ってちゃんみたいなもんだったね。

 

幸せじゃない人は、美味しい物を食べることで、
幸せを感じることができるんだってさ。

脳の仕組みがそうなってるらしい。

最近、やせたのをいいことに、
お菓子を沢山食べるようになった。

食べたくもないのに買って食べる。

お腹がいっぱいなのに。

そんなことは、もうやめよう。

 

とにかく楽しく遊んでいたかった。

周りに取り残されたくなかった。

沢山の人達の輪に含まれていたかった。

プライドばかり高かった。
そんなもの、何の役にも立たなかった。

時間を、湯水の如く垂れ流して使っていた。

人を傷つけてばかりいたのに、
自分を傷つける人を許せなかった。

 

昔仲良く遊んでた友達とも、会わなくなってる。

一生の親友とさえ思った相手でさえ、今じゃ知り合い。

絆は失っていく。離れ離れになっていく。

それはそれでいい。

自分が「これでいい」って信じた道を歩めているのなら。

長い間会っていなくても、いつでも昔みたいに戻れるから。

お互い、別々の道を進み続けたとしても、

理想の未来を求めて行こうね。

 

28歳の時に、ある女と出会って、恋をした。

4年付き合ったけど、5ヵ月前に別れた婚約者。

とても幸せな時間を過ごした。

最初の2年は、ほぼ毎日一緒にいた。

色んなことをして、色んな場所へ行った。

ケンカも仲直りも、沢山した。

今住んでるこの部屋には、
まだあの人の思い出が残ってる。

本当に、心から愛してた人だった。

婚約者になりながら、少しずつ、
お互い結婚したくなくなっていった。

別れるべくして別れた。

避けられない運命だったと思う。

でも、それで良かった。

あのまま一緒にいても、
お互いダメになっていったと思うから。

付き合ってくれて、ありがとう。
別れてくれて、ありがとう。

あなたを許します。

 

今も昔も変わらないこと。

どんなに笑い合って、楽しい時間を過ごしても、
それが終わった後は、凄く寂しい。

楽しければ楽しい程、寂しくなる。

「あんな時間が、ずっと続けばいいのに」って、
いくら思っても、時間は止まらないし、戻らない。

だから身動きが取れないくらい、予定を詰めたがる。

誰かの目や心に留まってないと、不安になるから。

これは俺の弱さ。

でも、強さにもなる。

 

他人を見下し続けてきた。

自分は特別だって、偉そうにしてきた。

「イケてる友達しかいらない」って、
最低な考えもしてた。

自分勝手だった。わがままだった。

一人ぼっちになって当然なのに、
一人ぼっちにならなかったのは、
とても優しい友達がいてくれたから。

いつも助けてくれる。笑わせてくれる。

何も返せてないけど。感謝してるよ。

 

さて、と。

80歳まで生きられると仮定した場合、
残りの人生は、まだ半分以上も残ってる。

これから先は、どんな想い出ができてくんだろう。

次は、どんな出会いがあって、
どんな冒険が始まるんだろう。

生きてて良かった。

青春してきて良かった。

 

俺もあなたも、最後の時を迎える瞬間に、
「悔いのない良い人生だった」って思えるように、
青春していこうね。