結局、前回の記事(手紙)を書いた後に、本人からラインが来た。

簡単に内容をまとめると、ひどく高熱が出て体調が悪く、
精神的にも色々あって病んでるから、今はほっといて欲しい、
何も考えたくない、とのことだった。

仕事や家族の悩みを色々相談されてたけど、
更に俺との衝突もあって、時期的に生理もあるし、
心身共に壊れてしまったのかもしれない。

あの時は、何を言っても怒られたから。

それから、こっちも連絡を取るのをやめた。

最後に送ったラインは、
『あなたが1日でも早く元気になりますように。』
『あなたが幸せな未来を生きていけますように。』と送った。

『あなたが1日でも早く元気になりますように。』は、ラインの返事として、気遣いを。

『あなたが幸せな未来を生きていけますように。』は、
このラインが最後のラインになるかもって思ったから。
最後に伝えたい言葉を贈った。

そして彼女からの返信は『本当に頼むでほっといて』だった。

 

比べるわけじゃないけど、元婚約者とのケンカは良かった。

お互い、愛情があるがゆえの衝突だったし、
ケンカ後は早々に仲直りして、謝り合って、改善していこうとした。

お互い、許し合える心を持っていた。

だからこそ、ほぼ毎日会いながら4年も続いたんだと思う。

衝突して少し距離が開いたと思ったら、必ずどちらかが歩み寄った。
そして、もう片方は受け入れて許した。

それが当たり前だと思ってたけど、
今ではそれはとても素晴らしい関係性だったと思う。

 

今ケンカしてる相手は、そうじゃない。

ケンカしてる最中、心が凄く追い詰められた。

本当に、嫌で嫌でしょうがなかった。

強い憎悪を感じたからかもしれない。

愛情があるがゆえのケンカではなく、
お互いが満たされないことが原因のケンカだった。

何も分かろうとしてもらえなかったし、
俺も何も分かろうとしなかった。

色々と押し付けられたし、押し付けた。
お互い良くなかった。結果、少し精神的に病むことになった。

 

それでも好きで、また前みたく声が聞きたくて。

木曜日になると、もうすぐ会えるかもって、
ワクワクしてた頃が懐かしくて愛おしい。

一度好きになると、全然熱が冷めないのは、
多分良いことなんだろうけど、自分自身は苦しくて辛い。

何をしていても、頭に浮かんできてしまう。

約2ヵ月間で、依存してしまったのもある。

もう完全に、日常生活の一部になってくれてたから。

 

もう多分、元には戻れない。

このまま、連絡を取ることなく関係は終わっていくと思う。

それはそれで、しょうがない。

恋人関係は、どちらか1人だけでは成立しないから。

俺と彼女が恋人だったのかどうかさえ、短か過ぎて今となっては曖昧。

ケンカした時の最後のやり取りは、
今後の関係を改善していく内容だったけど。

まだ付き合ってるのか、もう別れたのかさえ、分からない。

 

曖昧なのは、苦しい。

待っていればいいのか、吹っ切るべきなのか迷うから。

予定も、日曜日は全部空けてある。

会いたいって言われたら、なるべく会えるように。

このまま待ち続けるか、去るべきか。

答えが出せないまま、今でもあなたを待ち続けています。

 

彼女に書いた手紙はコチラ⇒想いよ届け!