生きていれば、ほっといたって、
色んなものを失っていく。

だから、失うことを恐れずに、
どんどん掴み取っていかないと、
失うスピードについていけなくなる。

 

安定や安心を求めるよりも、
死ぬ気の覚悟で挑戦してる方が、
楽しいと思える性分で良かった。

そんな生き方をしてる人達を、
尊敬できる価値観を持てて良かった。

そんな風に、
「自分に生まれて良かった」って、
思えることは幸せなこと。

青春をしないでいたら
絶対に、そうは思えないはず。

 

何かを失うことは、とても怖いけど。

今は、全てをなくしたとしても、
進むべき道を進める覚悟がある。

生きてる限り、
全てを失うことはないけど。

一番いけないことは、
希望や可能性を自ら破棄すること。

そうなるくらいなら、死んだ方がマシ。

俺は、自分自身を諦めて、
しがない人生を送るよりも、
挑戦して、戦って、絶望に落ちたい。

きっと、全てを失ったら失ったらで、
そうしないと得られない何かがあるから。

それに、今までの人生を振り返ってみても、
失わなきゃ良かったって後悔してることは、
何もない。

たまに過去を振り返っても、
戻りたいなんて思わない。

足りないものは何もない。全部揃ってる。

情熱と希望さえあれば、何とかなる。

そしてそれらは、自分さえ逃げなければ、
絶対になくならない。

 

下らないこと、小さなことに、
こだわり過ぎるのはやめよう。

つまんないじゃん。そんなの。

どうでもいいことばかり気にしてたら、
どうでもいい毎日を過ごすことになる。

それでも時間は進み続けるし、
生きていられる時間は減り続ける。

だから1秒でも長い時間を、
青春することに使わなきゃダメだと思う。

失う覚悟は、世界と未来を変えるから。