普段は温厚で気長で、
皆とうまく付き合える俺だけど、
1人だけ、大嫌いな奴がいる。

そいつに対しては怒りの沸点が低く、
すぐ怒っちゃう(笑)。

でも不思議なことに、
どこが嫌いかと考えてみると、
大して何も思い浮かばない。

しいて言うなら、めんどくさい。
価値観や性格が合わない。

という根本的な相性の悪さ。

 

といっても、仲が悪いわけでもない。

大嫌いなのに、仲が悪くなくて、
仲が良い時さえある相手って、
何だか不思議な気分。

表面上じゃなくて、本心からそう思う。

今後一生会えないとしたら、
せいせいする気持ちもあるし、
寂しい気持ちもある。

でもやっぱり、
一生会えなくていいって思う。

何か、こう、うまく言えないけど、
邪魔なんだよね(笑)。

悪意を持って邪魔されてるわけでは、
ないとは思うけど。

 

皆はどう?そういう相手はいない?

友達なんだけど、嫌いで、
でも一緒にいて楽しい気分になれたり、
一緒にいると落ち着く相手。

無理しなくてよくて、素の自分でいれて、
感情的に接してしまう相手。

いないかな?ちょっと想像してみて。

 

そいつの感覚をイメージすると、
友達というよりは、家族に近いかも。

親や兄弟に対しては、
素の自分でいられやすいし、
感情的に接することも多い。

心を許してる相手に対しては、
理性よりも気持ちが前面に出るから、
そんな本当の自分が嫌で、
そいつのことを嫌いになってるのかも。

冷静に考えたら、いつも悪いのは自分で、
でも相手を責めたりするのは、
自分の甘さだと思った。

悪いのは自分なのに、
相手のせいにすることで、
無意識の内に、自分の中には、
罪悪感が形成される。

本当に怒るべき相手は自分なのに、
そんな愚かさを受け止めたり、
認めることができなくて、
結果的に相手を嫌いになる。

それはある意味、思春期の若者らしく、
良い意味での未熟さなのかもしれないけど。

相手を信頼してるからこそ、
自分の甘えが表面化しているとしたら、
相手にとっては、
何て迷惑なことなんだろう。

その証拠に、相手を怒りながらも、
後になって相手をかばっている自分がいる。

 

でも悪いのは本当に自分?

相手も悪いんじゃないの?

そんな堂々巡りは、今も続いている。