世の中のあらゆることやものは、
何かしらの原因で変わり続ける。

正解だと思ってたことが不正解になり、
不正解だと思ってたことが正解になる。

 

恋愛に例えると、幸せ絶頂の時は、
付き合えて良かったって思うけど、
別れたりケンカした時には、
出会わなきゃ良かったと思うように。

学歴に例えると、受験勉強を頑張って、
良い大学に入って大手企業に就職しても、
病んで自殺したら、元も子もないように。

 

過去は変えられないけど、
楽しいことが辛いことになったり、
苦しかったことが笑い話になったり、
自分の感じ方は変わる場合はある。

 

青春

 

俺には同い年の親友がいた。

19歳の頃に出会ってから、
10年以上ずっと仲良しで、
楽しい思い出を積み重ねていた。

お互い好きで、信頼してたし、
色んな場所に行って、色んな遊びをして、
ケンカをしたこともあったけど、
支え合ったり助け合ったりもしてた。

 

そんな親友が、2017年10月1日に、
自殺をして帰らぬ人となった。

おじいちゃんになっても、
ずっと親友でいると思ってた彼は、
享年34歳という短い生涯を終えた。

原因は不明で、後から知った事実。

 

それからというもの、
今まで懐かしくて楽しかった思い出は、
一気に悲しい思い出に変わっていった。

失恋でも似たようなことはあるけど、
恋愛と違うのは、別れた恋人のことは、
時間が経過するとどうでも良くなるけど、
友達のことは、ずっと好きでいること。

死後の世界とか天国を信じていれば、
今頃空の上で幸せに過ごしてると、
思えるかもしれないけど。

俺はそんなもの信じちゃいないので、
ただただ彼がいなくなっただけで、
救えなかった無力感と後悔の気持ちが、
今もこれからも消えないと思う。

彼の友達や知り合い、
特に家族も、同じ気持ちだと思う。

 

桜

 

思い出は、心の中に残るもの。

同じ時間を過ごした者同士でも、
同じ思い出は2つとなくて、
それぞれの思い出が心に刻まれる。

でも、不幸なできごとがあると、
楽しかった思い出は、
悲しかった思い出に変わってしまう。

こんな経験をしたことがある人は、
きっと、分かってくれると思う。

 

こんなに辛い思いをするくらいなら、
出会わない方が良かったかもしれない。

現実を受け入れられないかもしれない。

 

それでも俺達は、生きている限り、
思い出を増やし続けていく。

楽しい思いでも、悲しい思い出も全部、
自分の中のアルバムに刻んでいく。

例え後悔にまみれた思い出でも、
生きた証になるから尊い。

そして、どんな思い出も記憶も、
少しずつ薄れていってしまう。

 

だから、俺達にできることは、
今この瞬間を、精いっぱい生きること。

悔いのない人生を生きていく為に、
沢山の思い出を刻み続ける為に、
生きてる時間を、大切に使っていこう。

どんな命でも、必ずいつか終わるから。

それを忘れずに、生きていくんだ。