退職の時期が近づいてきた。

退職と同時に独立起業するという、
当時は無謀としか思えなかった目標も、
追い風が強くなっていって、
時間が経つにつれ、現実味を帯びてきた。

退職も起業も近づいてくる中、
入社から今までの過去を振り返ってみた。

 

7年も同じ会社にいると、
今の会社での仕事や社員に対して、
何とも言えない馴染みがある。

どうでもいいはずなのに、近い感じ。

今までしてきたこと、関わった人達。

全部どうでも良かったけど、
それでも人生の一部だったことは確かで。

28歳から34歳までの約7年間、
今の会社で、多くの時間を過ごした。

入社して正解だったけど、
この先もい続けたら、絶対後悔する。

変わったのは自分。

入社した7年前とは、価値観や考え方、
ライフスタイルや能力や状況も、
何もかもが、当時とは別人になった。

 

片田舎の工場での日々は、
穏やかだけど下らなくて、
期待されていたけど希望はなかった。

減点方式の評価や、
前時代的な仕事内容に対して、
いつの間にか心が抵抗するようになった。

でもそんな反発心が、
夢を追う原動力にもなった。

 

寂しくなんてないけど、
どこか悲しい気持ちになるのは、
この会社に残り続ける人達が、
絶対的に時代に取り残されてしまうから。

何も知らない無知さ、
人生を諦めてしまう諦観の姿勢、
小さな世界、成長を知らない毎日。

きっとこのまま、ただ年老いて、
後悔することすらできずに、
人生を終えていく。

もう手遅れだから、どうしようもない。

 

人生の選択肢は、大きく2つ。

適当に流されて生きていくか。

自分なりの目標とか、
希望に溢れた理想の未来に向かい、
学んだり、努力していくか。

自分自身の行動によって、
未来は大きく変わる。

どっちがいい?

青春するか、時代に取り残されるか。

選んでみて。