いつも「青春大好き!」とか、
「ウォーターボーイズ大好き!」って、
周りに言いふらしてる俺だけど。

周りの反応は、
「何言ってるの?(笑)」
「ウォーターボーイズいいよね!」
「そこまで青春好きなんだ!」って感じ。

変わり者扱いというか、面白キャラみたいな。

でも最近出会った子が、初めての反応を見せた。

飲みの席で俺が散々、
青春大好き的な発言をしたせいもあるだろうけど。

俺「何か夏らしいことで、したいことある?」
S「青春っぽいことしたい♡」

おぉ・・。なんて素晴らしい反応よ!

きっと共感してくれたんだね、色々。

にやけるわ。そんな発言されたら。

嬉しかったし、感動した。

そんな風に言ってもらえたの、初めてだったから。

そして更に。

俺「ウォーターボーイズ貸してあげる!」
S「ウォーターボーイズ借りる!早く貸してよぉ!(笑)」

おぉ・・。なんて素晴らしい反応よ!←2回目

てか俺の11歳下にもなると、
ウォーターボーイズ観たことないんだ(笑)。

ウォーターボーイズ1が放送されたのは14年前だから、
当時小学2年生か。そりゃ無理もない(笑)。

ジェネレーションギャップがあるだろうけど、
ウォーターボーイズを観たら、どう思うんだろう。

観た上で、青春したいって思ってもらえるだろうか。
それとも、つまらないって思うかな?

 

ちなみに、青春っぽいことしたいと言われた結果、
皆でビアガーデンに行くことになった(笑)。

まぁ、仲良し同士が集まってワイワイやるのも、
青春になるけどね♪

 

一般的に、青春っぽいことって、
やっぱ皆でワイワイ楽しくはしゃぐことなのかな。

正確には、青春とリア充は別物だけどさ。

青春=リア充って解釈も、世の中には確かにある。

青春っぽいことしたいって言われた時、
何もパッと思いつかなかったのが、少し悔しい。

青春っぽいことって何だろ?

イベントとか、準備に時間がかかるもの以外で。

それこそ、突発的にできるような何か。

皆でワイワイ楽しくはしゃぐことって、皆大好きだと思う。

だからこそ、共感者を得やすい。

 

世の中の人々が求めること。

それは青春だって、漠然と思っているけど。

具体的には、どんなものが必要なんだろ。

青春の定義は、
仲間と熱い今を駆け抜け、希望と感動を巻き起こすことだけど。

何が青春かは、具体的には人それぞれ違う。

仕事の人もいれば、趣味の人もいる。
恋愛も友情も、家族も青春だ。

やっぱ、突発イベントかな。

だとしたら、難しいな(笑)。

でも、いついかなる時でも、青春するチャンスはあると思う。

何かを組み合わせるのも良い。

例えば、ビアガーデンと花火だと、
個々では普通の遊びかもしれない。

でも、ビアガーデン行った後の花火だと、
もの凄い青春っぽい感じがするぞ!

あと、1人だと普通のことでも、
誰かと一緒にすると青春ぽくなる。

例えば、1人で散歩するのは普通だけど、
誰か、できれば異性と散歩すると青春っぽい。

ふむふむ。なるほど。良いアイディアだ。

何でもないようなことを青春化する。

全てを青春化したい!

その起点になろう!俺も君もね!

青春しようぜ☆