社員として働くことや、
雇用保険を受給することは、
生活の保証になる。

この保証が、障害になる場合がある。

保証された生活や人生は、
特別頑張らなくていい理由になるから。

 

起業を志して3年半。

3年半も経ったのに、
まだ起業できていないのは、
さすがに遅すぎる。

もちろん自分のせいなんだけど、
気づいたら、時間が過ぎ去っていた。

 

やっと社員としての仕事を退職して、
これからの道を考えていて、
ふとあるとことに気づいた。

起業すること、夢を叶えることは、
したいことだけど、
するべきことではなかった。

それは、起業なんかしなくても、
一般水準の生活は送れているし、
それなりに楽しくて幸せで、
満たされた毎日を過ごしていたから。

自分でハッキリ言っちゃうけど、
夢を叶える情熱は、その程度だった。

だから、何も捨てられなかった。

 

経済的にも、気持ち的にも、
それなりに満たされ、保証され、
不満も理想も抱いていたけど、
大きなリスクを背負うほど、
居心地は悪くなかった。

その保証が、色んな可能性を制限していた。

やっと、この答えに辿り着けた。

起業準備が進まないことを、
会社での長時間労働のせいにしてたけど、
本当は、自分自身の甘えのせいだった。

無理なく頑張れて、
リスクのない範囲でしか、動けてなかった。

 

それを認めたからには、
この先、変わっていかなきゃね。

保証に守られた人にとっては、
保証は大切にするべきものだけど、
夢を叶えたい人にとっては、
保証は障害になる。

だからまずは、
保証を捨てるところから始める。

 

一見無理そうなだけど、
絶対に叶えたいことに挑戦する。

言うまでもなくそれは、
独立起業して収益を得て、
青春屋として経営をしながら、
世界を青春色に染め上げること。

答えは、3年半前から変わってない。

もういいよ。
やれるだけやってみて、
できなかったら人生終わりのつもりで、
全身全霊を持って、戦い抜く!

このままじゃいつまで経っても、
夢は叶わないって、気づいたから。