夜の街が好き。

色んな人達が集まって、交わり合う場所と時間。

そんな、ちょっぴり危険で怪しい雰囲気が好き。

高校生の時に、ろくにお金も持ってないのにうろついて、
大人の世界観に触れた時のことを思い出す。

当時の自分にはまだ早すぎる世界だったけど、
いつかこの世界に浸りたいと思っていたっけ。

 

もうしばらく、誰にも愛されてないって思ってた。

例え愛されても、あなたじゃないって思ってしまう。

でも愛してもらえないと、
「何で愛してくれないの?」って、すねるんだ。

まるで子供だね。

そんなんじゃ、一緒にいる人は疲れる。

 

恋人でもなく、友達でもなく、家族でもない他人だからこそ、
満たせるものがあるって気づいた。

それは新鮮さや新しい刺激や影響、そしてときめき。

受け入れてもらえるかどうか分からない相手に、
受け入れてもらえる暖さ、ぬくもり。

それは心を癒し、満たしていく。

俺が本当に求めていたのは、きっとこれだったんだ。

 

多くの人達は、自分のことが一番大切なんだ。

だから都合良く愛されたいって願う。

でも苦しみたくないから、自分が誰かを愛することには抵抗がある。

自分は安全な場所にいたいと思う。苦痛を避ける為に。

愛されてないと思うと、愛がもっと欲しいって思うし、
愛されたら愛されたらで、それが当然だって思いながら安心する。

 

異性に限りの話だけど、
凄く近くでお互いを認識することで、一種の緊張感を持つ。

それがとても心地良い。

どんどん近づいていって、これ以上はやめとこって引いたら、
相手が近づいてきてくれて、満たされる。

同じ行為でも、どんな気持ちでしてくれたかによって、
心が満たされるか満たされないかが決まる。

それは喜びと悲しみ、幸せと不幸の分かれ道。

 

他人だからこそ、触れ合う喜びがある。

キスもHも、それ自体をしたいってよりも、
自分を受け入れてくれるかどうかが重要なんだ。

義務的に、惰性としてのキスは何も感じないけど。

自分のことを想って「大丈夫だよ」って言ってくれてるような、
そんなほんの少しの愛情を持ってキスしてくれるのは、
とても愛おしくて、幸せな感覚。

その人自体にはさほど興味がないのに、触れたいと思うのは、
自分を受け入れて欲しいから。愛されたいから。

それは身近な人じゃなくて、他人だからこそできること。

そういう愛の形もある。

指先が頬をなでたり、どっか向いてる時にキスされたり。

ぐっと引き寄せて、抱きしめて、
心臓の鼓動を聞くように耳をあてて、
腕でもっと引き寄せて、回し合って抱きしめ合う。

相手は「どうしたの?何かあったの?」って思ったかも。
自分は「ずっとこのままでいられたらいいのに」って思ったかも。

でもそれは、別にその人じゃなくてもいいんだ。

誰でもいいんだ。ある程度以上、恋愛対象になる相手なら。

きっと皆、心のどこかに孤独を抱いて、隠してる。

結婚してても恋人がいても他人を求めるのは、
多分もしかしたら、それが本当の理由。