大多数の人達は、
生活の為に仕方なく仕事をする。

辞めたいと思う時は、何度もあるだろう。

それでも、転職活動がめんどくさかったり、
時間が経つと気持ちが薄れたり、
プライベートでストレス解消したりして、
結局は、同じ会社に勤め続ける。

そうしてる内に歳を取って、
転職が難しくなったり、
結婚したり家を建てたりして、
会社に縛られることになる。

 

俺は、そんな感じの大人が、
昔から大嫌いだったし、
そうなりたくないって思ってた。

だから30歳を過ぎたら、
もう完全なおっさんだし、
人生終わるって思ってた。

少しおおげさだけど、30歳を越えたら、
自殺しちゃおうとか言ってたっけ。

それくらい、大人になりたくなかった。

学生時代が一番楽しくて、
何かの出来事を親に話す度に、
今しかできないことだからとか、
今が一番楽しい時期だよって、
言われていた。

大人は、遊ぶ為に働くとか、
休日に休むのも仕事だよとか、
世間は厳しくて、
大人になることは、まるで、
とても嫌なことだと思ってた。

結婚して子供が産まれたら、
家族の為に全てを犠牲にするって、
自己犠牲的な考えも持っていた。

 

そして、いつの間にか大人になった。

気が付けば、現在33歳。

もう、十代の感覚は、とても薄くて、
思い出したり、懐かしむことすら難しい。

ある程度、この年齢にしては、
好き放題させてもらってる。

青春してる自信もある。

このままの毎日が、
いつでも続けばいいなって思う。

 

それでもやっぱり物足りないのは、
生き様とも呼べる仕事。

特に男性は、大人になると、
ほとんどの時間を、仕事に費やす。

何をしているか、どんな気持ちか、
人生の大半を過ごす仕事は、
自分の人格や価値観に対しても、
大きな影響を与える。

それがゆえに、仕事は生き様。

そんな生き様は、本当は、
生活の為に仕方なく、なんて理由で、
するべきではないと思う。

今日は、特にそう強く思った。

 

続く。

次回の記事はこちら↓
仕事を辞めたい時2