青春同好会2回目となる交流戦を行った。

結果は、18-17の1点差で敗北(笑)。

惜しかったけど、悔しかった。

肝心の俺はというと、
ほぼキーパーやってた(笑)。

だって、点入れられ過ぎなんですもの。

俺は個サルでも得点王になるくらい、
フィールドプレーもこなすけど。

キーパーは、俺の他には
1人しかまともにできる人がいない。

そんな責任重大のキーパーは、
結果的に俺がするしかない。

ということで、
攻めにはほとんど参加できず。

なので、あんまり戦った感がない(笑)。

青春することを最優先しているから、
相手との実力差は歴然だったけど。

それでも、皆楽しそうだった。

緊張もしてただろうけど、
思いっきりやれて良かった。

 

そして、ネットに掲載している
メンバー募集掲示板を通じて、
別チームからの練習試合依頼が来た。

こんなこともあるんだね。

相手チームは、女性メンバーもいて、
初心者もいるらしく、
青春同好会と似たチームという印象。

もしかしたら相手チームも、
青春同好会に対して同じ印象を持ったから、
練習試合を申し込んできたのかもしれない。

多分、今回の交流戦とはまた違った
イベント的なノリになりそう。

見知らぬ人達と仲間と皆で一緒に、
楽しい時間を過ごせたらいいな。

そして、お互い仲良くなれたら、
また新しい仲間になれる。

交換留学みたいな感じで、
お互いのチームメンバーが、
お互いのチームに遊びに行ったり。

フットサルを通じて仲間ができて、
新しい青春ができるようになる。

そんな繋がりを、大切にしていきたい。

 

大人が青春する為には、
青春するキッカケや環境が必要。

青春Worldsとしての活動は、
それらを提供することが核となる。

フットサルは、好きでやってることだけど、
スポーツマーケティングとしての
役割も担っている。

未経験者でも誰でも気軽に、
挑戦したり仲間を作ったりすれば、
スポーツを通じて青春できる。

その可能性を、希望にしていきたい。