中学二年生というと、
一般的に自我が芽生え始め、
思春期最盛期に突入する時期。

俺も例外ではなく、
中二からオシャレにこだわり出したり、
遊び始めたり、
本格的に異性を意識し始めた。

当時は、若い十代が華で、
二十代中盤までは、
好き放題やりたいことやり尽くして、
その後結婚したら、家族の為に、
その後の人生を捧げようと思ってた。

大学に進学するつもりなかったから、
高校卒業が青春の終わりだと思ってた。

 

幸せ

 

そんな中二から20年経過した現在。

学生時代によく聴いていた曲を、
今になってまた聴いてみると、
当時の記憶や感覚が、微かに蘇ってくる。

中二当時の自分からしたら、
あらゆることが予想外で、
期待してたことや夢見てたことは、
何一つ実現できていない。

 

学生は、親が生活の保証をしてくれる。

多くの友達とは週5日以上会えるし、
好きなことをする時間も沢山あった。

好きなことと言っても、
しょうもないことが多かったけど。

凄く楽しくて、
かけがえのない想い出になった。

何年も先のことなんてほとんど考えなくて、
今その瞬間を生きていた。

 

でも今の自分はどうだろう。

生活面は全て自己責任で、
経済的なことばかり気にしてる。

何年も後のことばかり考えてる。

友達の数も随分減ったし、
プライベートの時間も多くはない。

30歳を越えたリア充は、
世間的には否定されることもある。

いい歳して・・てな感じでね。

 

色んな可能性や希望が、
少しずつ少なくなっていく。

もちろん、どんどん歳を取って、
人生の終わりが近づいていく。

年齢を重ねることに対して、
悲観的になる人は多い。

だからこそ皆、昔の若かりし頃を羨む。

 

 

ただし、良い意味での予想外もある。

30代になっても青春できていることと、
夢を追い続けていること。

中二の頃は、30歳を越えたら、
もう人生は終わりって思ってたから(笑)。

もうすぐ34歳になっちゃうけど、
人生、まだまだ悪くない。

中二の頃にはできなかったこと、
許されなかったことが、
今だからこそできたり、
許されたりすることもある。

今の自分は、中二の自分から見たら、
なりたくはない大人だろうけど。

まだ、人生は続いていく。

逆転は可能なんだ。