今も放送してるけど、最近は観てない。

だって恋愛色が強すぎるんだもの。

恋愛もいいんだけどさ。

前のてっちゃんがいた頃のテラスハウスは、
もっと青春ぽくて、夢を追ってる人達が多かった。

今回の記事は、
てっちゃんがいた頃のテラスハウスについての話。

 

初めてテラスハウスを観た時は、
何気ない日常を放送してる感が満載だった。

酔っぱらってキスしただの何だのと、
はしゃいでた時のような気がする。

そして今でも不思議に思うのは、
まーくんがイケメン扱いされてること。

あれは理解できない(笑)。
どっからどう見ても昔の大工にしか見えない。

まーどうでもいいけど。

一番好きだったのは、キックボクシングの大樹。

友情に熱いし、面白いし、一生懸命。

テラスハウスを卒業する時も感動的だった。

 

テラスハウスを観ていると、
大人の青春って感じがして良い。

大人でも青春できるってことを証明してる。

そして、そんなテラスハウスが大人気だったってことは、
多くの大人達が、
本当は青春したがっている証明にもなっている。

 

だからと言って、テラスハウスみたいに、
シェアハウスで暮らしていれば、
青春できるってわけでもなくて。

現実問題、大人が青春しにくいことに変わりはなくて。

大人でも青春する為の、
何か良い方法はないかと、日々模索中・・。

 

シェアハウスで暮らしてる場合、
青春しやすい理由としては、
時間が合いやすいこと。

大人が青春できない最大の理由は、
時間が合わないことだから。

その理由を解消する一番の方法は、
一緒に暮らすことだからね。

とは言え、それはあまり現実的な解決方法ではない。

ほとんどの人達は、実家暮らしか一人暮らしをするから。

「青春したかったらシェアハウスで暮らそう!」

なんて、なかなか言えないし、誰もしないよね(笑)。

だけど、2泊くらいの合宿みたいなのは良いと思う。

それは、前々から構想はある。

青春といえば合宿でしょ?(笑)

ウォーターボーイズでも、必ず合宿をしているし。

タンブリングや水球ヤンキースも合宿をしてた。

合宿の内容が大事だけど、青春ぽければ何でもいい。

宿泊訓練的な内容でもいい。自然の中でね。

まぁ、それはだいぶ先の話。

そこまでやるとしたら、完全に独立する必要があるし。

でもいつか実現させたい。

 

テラスハウスから学ぶことは沢山あった。

告白シーンでも、皆それぞれ真剣に想いをぶつけてて、
キュンキュンするよね。

恋したい気持ちになる。

自分がテラスハウスにいたらどうなんだろ?

更にサイサイのすぅが入居してきたら?

とか想像するのも楽しい(笑)。

でもあんまり想像がエスカレートすると、
現実で恋愛できなくなるから注意!(笑)

 

海沿いの街ってのもまた良い。

ロマンチックじゃん。夏にぴったりだし。

オシャレな店が近くに沢山あるイメージ。

自然が沢山ある場所での生活にも憧れる。

元々自然が大好きだし、
ウォーターボーイズの舞台も田舎だし。

山でもいい。ただし、田舎は不便なのがネック。

買い物やお出かけは勿論、
酔っぱらった時のタクシー代がバカにならなそう(笑)。

でも青春できるかどうかに、
都会か田舎かは関係ないと思う。

 

ちょいちょいテラスハウスの話題がらそれるな(笑)。

シェアハウスが青春しやすいもう1つの理由は、
共同生活を送ることだと思う。

これは恋愛でいう同棲や結婚にも当てはまること。

たまに会うだけなら、短時間だけ取り繕うことができる。

しかし、長時間共同生活をするとなると、
素の部分や本質的な部分があらわになる。

だからこそ、心の距離が縮まる。

一緒にいて楽ってのも大事。

気が付いたらそこにいる感って、
友情・恋愛問わず、好きな相手なら嬉しい。

いいね。やっぱり青春って最高だ。